リバプール対スウォンジーの結果と感想

CU_4SjGWoAAA6EN
さきほど、アンフィールドでのリバプール対スウォンジー戦が終了しました。

結果から書くと、1-0でリバプールが勝利!

ゴールは、62分にジェイムズ・ミルナーがPKを決めたもの。

疲れがあった中での試合だったと思いますが、今回については、結果を出せてよかった!というところでしょうか。

ヨーロッパリーグを戦って中2日だったし、かなりの強風もあり、簡単な試合ではなかったと思います。
微妙なミスも若干目立ちましたが、ちょっと残念だったのは、スウォンジーのゲーム・プランだったかな~と感じます。

現在のチーム状態を考えれば、致し方ないのかもしれませんが、それにしてもキックオフ以来、ラインをかなり下げており、ファンタスティックな試合展開になる要素は少なかったように思います。

ただ、リバプールには収穫もありました。
ジョーダン・ヘンダーソンとダニエル・スタリッジがピッチイン。

ヘンダーソンは64分から、スタリッジは71分からのプレイとなりました。
久しぶりのピッチは、気持ちがよかったことでしょう。

ヘンダーソンに関しては、ボールタッチ数が、それほど多かったわけではありませんが、ボールを持てば、その視野の広さ、アイディアなど、さすがと思わせるシーンを見せてくれました。

そして何より大きいのは、フィリペ・コウチーニョを休ませた試合で、勝ち点3を奪えたことではないでしょうか。

今週は、キャピタルワンカップもあるし、コウチーニョ不在の試合で勝利できたことは、今後を考えれば、実に大きなことだと思います。

話がそれますが、ここ2試合、ミルナーのPKを見ていますが、いやいや、上手いですね。
ミルナーが、これほどPK上手だったとは。

また、今日はさほど目立つシーンはありませんでしたが、デヤン・ロブレンも安定感を増してきたように感じました。

さらにオマケで書けば、なんと、シモン・ミニョレにイエローカードが・・・。
今日は、かなり意識的に早めにボールを手放していたと感じていたのですが、遅延行為を取られてしまいましたね。

ううん、「ミニョレは遅い」という目で、レフリーに見られるようにならないことを祈ります。
先入観で物事を見られるのは、きついですからね。

今日の試合をまとめるとすれば・・・
ヘンダーソンとスタリッジの復帰というポジティブなニュース。
そして、コウチーニョ完全オフで、勝てたということでしょうか。

また、心身共にリフレッシュして、次に繋げてほしいですね。

LINEで送る
Pocket