ハル・シティ戦の結果と感想

さきほど、アウェイでのハル・シティ戦が終了しました。

何と形容していい試合内容だったか?
結果は、1-0でリバプールの敗戦。

ウェスト・ブロム戦が低調なパフォーマンスだったけでに、システムあるいは戦い方を変えてくるだろう・・・と、予想していたのですが、バロテッリをトップに配するシステムは、ほぼウェスト・ブロム戦を踏襲したものだったし、かといって各プレイヤーが担う役割も、さほど変化があったとは思えませんでした。
ポゼッションすれど勝てず・・・・というところまで、同じ。

さらに、これまたウェスト・ブロム戦に似たような形で、65分の段階で2枚替え。
ランバートとララーナを投入したわけですが、当然、この時点で、戦い方に変化を加えるべきだったと思います。
早めに前線へボールを入れ込み、ランバートにあずける・・・とか。

しかし、ほとんどそういった気配は見られず、何となく90分間が過ぎてしまった感が否めません。

相手がハルとはいえ、マンチェスター・ユナイテッドがエバートンに完敗し、今日の試合は、リバプールにとってはビッグマッチだったと言っていいでしょう。
そして、恒例のように、ここ一番という試合で、低調なパフォーマンスを繰り返し、勝てない・・・・。

リバプールのこの勝負弱さは、どこに原因があるのか?
残念なことですが、これだけ「勝たねばならない試合」を落とし続けていたら、ヨーロッパのカップ戦で結果を出せないのも、もはや必然だと思えてきます。

なにやら、不本意のうちに終わったウェスト・ブロム戦のコピーを見ているような試合でした。
残念です。

今日の試合の敗因を一言で表現すれば、悲しいかな「無策」という言葉が浮かんできます。

このまま新しいシーズンを迎えて大丈夫なのか?
何も得られず、いやむしろ自信喪失状態で、オフに入ってしまうのではないか?

今のリバプールには、何らかのカンフル剤が必要な気がします。

無念なのは、前述したように、不本意な結果を招いたウェスト・ブロム戦での失敗を改善するための、手立てが何ら感じられなかったこと。

ひとつだけ例をあげれば、ラヒーム・スターリングは、絶好調のときと比べ、明らかにコンディションが落ちているので、休ませて、フレッシュなプレイヤーを投入する策だってあったのでは?など、疑問が多く残る試合となってしまいました。

果たして、こういった戦術、プレイヤーの起用をしていて、補強で良いプレイヤーを取れたからといって、劇的に強いチームになるとは考えにくい。
やはり、チームの方向性を今一度見直し、根本的に戦術、そしてチーム戦略を構築し直す時期に来たのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]