イルカイ・ギュンドアンがプレミアに新天地を求める可能性

ilkay-gundogan-borussia-dortmund-620x400
英国の複数以上のメディアが、ドルトムント所属のイルカイ・ギュンドアン(ドイツ)が、この夏に移籍する可能性があると報じています。

ドルトムントとイルカイ・ギュンドアンとの契約は、2017年6月までで、ドルトムントとしては、契約延長を結びたい意向だと、かねてから言われてきました。

しかし、そのオファーをイルカイ・ギュンドアン側が断った・・・・という報道があるようです。

どうも、ドイツのビルト誌からの情報のようです。

イルカイ・ギュンドアンは、中盤の深い位置で、しっかりとボールキープができ、攻撃の起点として活躍もできるので、リバプールが欲するタイプではあると思います。

ただ、イルカイ・ギュンドアンを欲しがっているクラブは多数にのぼるようで、各メディアによれば、アーセナル、マンチェスター・シティ、さらにはユベントスも狙っているとか・・・。

仮定の話ですが、ドルトムントとすれば、契約延長で合意できない場合、本来高値がつくはずのイルカイ・ギュンドアンを来年の夏には、フリーで放出しなければなりません。
そういった事情を加味して、メディアが記事にしているのだと思われます。

いずれにしても、もしリバプールが、イルカイ・ギュンドアン獲得に動いたとして、強力なライバルが多数にのぼりそうですね。

イルカイ・ギュンドアン獲得に際し、リバプールにアドバンテージがあるとすれば、監督がユルゲン・クロップである!という点でしょうか。

早い段階で、センターバックのジョエル・マティプ獲得を決めたリバプール。
今後、噂の中心になるのは、セントラル・ミッドフィールダーとゴールキーパーあたりかな?とも思えます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]