グラニト・ジャカはアーセナル行きが濃厚か

0004YCMASDEWFDKQ-C116-F4-1
以前にも一度書いた記憶がありますが、一時期リバプールの補強候補と言われていたグラニト・ジャカに関しては、アーセナル行きで決まりそうな気配が濃厚ですね。

ベンゲル監督が、ジャカの父親と会ったという話も出ていたし、移籍金も£30mで合意に達しそうだという声もあがってきています。

邪推かもしれませんが、リバプールはそもそもグラニト・ジャカを補強候補のナンバー1には据えていなかったことも考えられそうです。

昨今の報道を見ていると、リバプールとしてはピオトル・ジエリンスキ獲得に本腰を入れているようにも見えるし、このようにして移籍報道も淘汰されてゆくのでしょう。

また、リバプールの補強候補としては、レアンドロ・パレデスの名前も再三あがっているし、ミッドフィールダーとしてはマルコ・グルイッチがやって来ることも忘れてはいけません。

さらに、今噂のマリオ・ゲッツェを獲得するようなことがあれば、こと中盤においては、かなりのポジション争いが起こることも予想されます。

補強候補にあがっているからといって、そのすべてがリバプールへ来るわけではありませんが、夏の補強状況によっては、ジョーダン・ヘンダーソンやエムレ・チャンまでも、定位置が約束されているわけではないということになるやもしれません。

あとは、可能性的には低いかな?と思っていますが、もしも、ドルトムントのイルカイ・ギュンドアンがリバプールへ来るようなことになれば、かなり激しいレギュラー争いが展開されそうです。

一方、ギュンドアンに関しては、マンチェスター・シティが優位という説もあり、リバプールへ来ないにしても、シティには獲られたくないな・・・という気もいたします。

今年の夏は、ユーロ本大会もあることだし、ヨーロッパ全体の傾向として、かなり活発な移籍が起こる可能性も十分にあるかと思います。

LINEで送る
Pocket