ペーター・シュテーガー(ケルン監督)がヨナス・ヘクターの放出を容認

imago18031016h-1024x724
リバプールの補強候補として取り沙汰されることが増えてきたケルン所属の左サイドバック、ヨナス・ヘクター(ドイツ代表)ですが、ケルンの監督を務めるペーター・シュテーガーがドイツのフットボール誌に対し、適正なオファーがあれば放出もやむを得ないという趣旨の発言をしたそうです。

リバプールが、ヘクター獲得に用意しているとされる金額は、諸説ありますが、£12mほどとも言われています。

ユルゲン・クロップ、動きますか!?

ペーター・シュテーガー監督が語っている骨子は、概ね次のようなものです。

「夏に何が起こるかを話すつもりはない」

「しかし、いずれかが、見合った金額を提示してくるならば、私達は応じることになるだろう」

「それに、もしヨナス・ヘクターが、ここにとどまりたくないと言うならば、私達はそのことを直視する必要があるね」

私は、ケルンがブンデスリーガに君臨していた時代を思い出しています。
名門中の名門だと言ってもいいと思います。

日本との関わりでいえば、かの奥寺選手を見そめたのもケルンでした。

その後時代はかわり、ケルンも苦悩の時期を過ごした。

現状としては、優秀な若手を育て、ビッグクラブへ巣立っていくという形になっているのも事実だと思います。

もし、ヨナス・ヘクターがリバプールへ来るようなことがあれば、ケルンの誇りになるくらいの活躍をさせてあげたいと願います。

まだ決まったわけではないので、気が早かったですね(__;)

いずれにしても、ケルンとしては、それなりのオファーがあれば、ヨナス・ヘクターをクラブにとどめておくことは困難だという考えでいることは間違いないようです。

LINEで送る
Pocket