ハッピー・バースデー! スティーブン・ジェラード!

Steven Gerrard


長い歴史を持つリバプール。
無敵を誇った黄金時代もありました。
偉大なるレジェンド達が、クラブ史にその名を刻んでいますが、コップから最も愛されたプレイヤーといえば、やはりスティーブン・ジェラードではないでしょうか。
続きを読む

あれから13年 イスタンブールに奇跡が起きた日 


2005年の今日、5月25日のこと。
世界のフットボール史上に刻まれる名勝負が生まれました。
人はそれを『イスタンブールの奇跡』と呼びます。
続きを読む

スティーブン・ジェラードがベン・ウッドバーンをローンで欲しがっているとの報道も


時期が時期ですので、移籍関連の噂は多岐にわたりますが、Expressが報じるところによれば、レンジャーズの監督となったスティーブン・ジェラードが、ベン・ウッドバーンをローンで欲しがっているとのこと。
同誌によれば、ファーストチームのレギュラーとして処遇したい意向だとされています。
続きを読む

スティーブン・ジェラードがドミニク・ソランケを欲しがっているとの報道も

Dominic Solanke


レンジャーズの監督として、指導者の道をステップアップさせてゆくスティーブン・ジェラードですが、新戦力獲得の仕事にも精力的に着手しているようです。
そのスティービーが、ドミニク・ソランケを欲しがっているとのこと。
これは、間違いなく、ローンでということだと思います。
続きを読む

スティーブン・ジェラードは偉大なプレイヤーであったように偉大な監督になることだろう(ディルク・カイト)


フェイエノールトからリバプールへやって来たディルク・カイトは、常に全力を尽くし、チームに大きく貢献をしてくれました。
また、フェアプレイの模範のようなプレイヤーであり、そのスポーツマンシップには、感動させられたものです。
そのディルク・カイトが、レンジャーズの監督に就任することが決まったスティーブン・ジェラードについて語っています。
続きを読む

フランク・ランパードが語った対戦相手のベスト5 最高のプレイヤーと言わしめたのは

Frank Lampard


今年は、ワールドカップイヤーですが、イングランドにはかつて、ゴールデン・ジェネレーションと呼ばれる世代がありましたね。
史上最強のメンバーと言われつつ、ワールドカップ本大会では、思うような結果を残せなかったことも、いまや思い出となりつつあります。
イングランドの黄金世代、その一人がフランク・ランパードだと思います。
続きを読む

ディルク・カイトやルイス・スアレスもスティーブン・ジェラードへメッセージ


スティーブン・ジェラードのレンジャーズ監督就任を受けて、多くの祝福や激励のメッセージが届けられていますが、今回は、その中からディルク・カイトとルイス・スアレスのものを取り上げてみたいと思います。
ディルク・カイトとルイス・スアレスが一緒にプレイをした期間は長くはありませんでしたが、とても良いコンビだったと、私は思っています。
続きを読む

スティーブン・ジェラードの後継はロビー・ファウラーか(リバプールU18監督)


スティーブン・ジェラードが、レンジャーズの監督に就任することが正式に決まり、私も陰ながら精一杯応援したいと思っております。
リバプールとしては、スティービーが努めていたU18チームの後任監督を決める必要があるわけですが、それはロビー・ファウラーだという話が出ているようです。
続きを読む