ディヴォック・オリギ 「まだシーズンは終わっていない! ストーク戦でもゴールを!」

Divock Origi


ボーンマス戦から中2日で、ストーク戦を迎えるリバプールですが、アダム・ララーナ、サディオ・マネという攻撃の中心人物を欠いているだけに、ディヴォック・オリギにかかる期待も高くなっています。
そのディヴォック・オリギですが、「シーズンは、まだ終わっていない!」とし、トップ4フィニッシュを成し遂げるため、最後まで戦う!そのためにも、メンタルを強く持ち続ける必要があると語っています。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「重要な試合でチームの助けになれてハッピー!」

Divock Origi


マージーサイドダービーを3-1で制したリバプール。
試合を決定づけた3ゴール目を決めたのは、途中交代で入ったディヴォック・オリギでした。
ディヴォック・オリギ自身にとっては、久しぶりのゴールでしたが、迷いのない気持ちいいキックだったと思います。
続きを読む

ディヴォック・オリギへの信頼を語るユルゲン・クロップ バーンリー戦での先発が濃厚か


昨年の末には、試合中にフィリペ・コウチーニョが怪我を負うというアクシデントに見舞われたリバプールですが、交代でピッチインしたディヴォック・オリギが活躍し、その後も連続試合ゴールを決めるなど、存在感をアピールしたものでした。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「チームがひとつとなって戦っていく!」

Divock Origi


マンチェスター・ユナイテッド戦において、先発で出て来たのはディヴォック・オリギでした。
試合前から、「先発はオリギがいいんじゃないか」とは、ジェイミー・キャラガーも述べていたところです。
試合結果はドローでしたが、私自身は、オリギのプレイは悪くなかったと思っています。
よく動いていたし、相手への抑止力にも成り得ていたと感じるのです。
続きを読む

ジェイミー・キャラガー ユナイテッドを倒すならスタリッジではなくオリギを先発で

Divock Origi


ビッグマッチ!リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが戦う時が近づいてきました。
OB達にとっても、特別な試合ですね。
さて、この試合を前に、ジェイミー・キャラガーは、マンチェスター・ユナイテッドを倒すのなら、ストライカーの先発にはダニエル・スタリッジではなく、ディヴォック・オリギを起用すべきとしています。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「チームとして失望から立ち直らなければならない!」


2-2のドローという結果で終わった対サンダーランド戦。
公正な眼で見て、リバプールには不運もあったと思います。
PK2本?は、ちょっとなーという感もいたします。
しかし、既に試合は終わってしまった以上、それを受け容れた上で、これから何が出来るか!に集中したほうが合理的ですね。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソン 「ディヴォック・オリギがポテンシャルを発揮するためにリバプールは最適な場所」


マージーサイドダービーにおいて、プレイヤー達の先頭に立ち、ピッチに入って来るであろうジョーダン・ヘンダーソン。
リバプールのキャプテンというものは、大きな名誉であると同時に、果てしないプレッシャーも同時に背負うという大変な役割かと思います。
さて、そのヘンドが、ディヴォック・オリギについて語っています。
続きを読む