ディヴォック・オリギ 「チームがひとつとなって戦っていく!」

Divock Origi


マンチェスター・ユナイテッド戦において、先発で出て来たのはディヴォック・オリギでした。
試合前から、「先発はオリギがいいんじゃないか」とは、ジェイミー・キャラガーも述べていたところです。
試合結果はドローでしたが、私自身は、オリギのプレイは悪くなかったと思っています。
よく動いていたし、相手への抑止力にも成り得ていたと感じるのです。
続きを読む

ジェイミー・キャラガー ユナイテッドを倒すならスタリッジではなくオリギを先発で

Divock Origi


ビッグマッチ!リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが戦う時が近づいてきました。
OB達にとっても、特別な試合ですね。
さて、この試合を前に、ジェイミー・キャラガーは、マンチェスター・ユナイテッドを倒すのなら、ストライカーの先発にはダニエル・スタリッジではなく、ディヴォック・オリギを起用すべきとしています。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「チームとして失望から立ち直らなければならない!」


2-2のドローという結果で終わった対サンダーランド戦。
公正な眼で見て、リバプールには不運もあったと思います。
PK2本?は、ちょっとなーという感もいたします。
しかし、既に試合は終わってしまった以上、それを受け容れた上で、これから何が出来るか!に集中したほうが合理的ですね。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソン 「ディヴォック・オリギがポテンシャルを発揮するためにリバプールは最適な場所」


マージーサイドダービーにおいて、プレイヤー達の先頭に立ち、ピッチに入って来るであろうジョーダン・ヘンダーソン。
リバプールのキャプテンというものは、大きな名誉であると同時に、果てしないプレッシャーも同時に背負うという大変な役割かと思います。
さて、そのヘンドが、ディヴォック・オリギについて語っています。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「エバートンと戦う準備は出来ている!」


伝統のマージーサイドダービー。
そのキックオフが、日本時間明朝に迫ってきました。
前節のミドルズブラ戦での最終盤において、ちょっと足を痛めたようなそぶりを見せたディヴォック・オリギですが、エバートン戦出場はまったく問題がないようで、むしろ燃える胸の内を語っています。
続きを読む

ディヴォック・オリギ 「これは始まりに過ぎない 次の試合に勝ちたい!」


フィリペ・コウチーニョあるいはダニエル・スタリッジが負傷離脱中のため、このところずっと試合に出続けているディヴォック・オリギ。
ミドルズブラ戦でもゴールを決めており、これでオリギは5試合で5ゴールと、量産体制に入っています。
それを支えているのは、トレーニングでハードワークをすること、常にベストを尽くすことだ!という趣旨の発言をオリギはしています。
続きを読む

ディヴォック・オリギは大きな問題なしか


対ボーンマス戦の結果と感想のところで、一点だけ心配なことがあるとすれば、ディヴォック・オリギがピッチに座り込んでしまったことだと書きました。
ただ、試合後におけるユルゲン・クロップ監督の言葉からは、さほど心配するようなものではないという趣意が伝わってきました。
試合が終わったばかりだし、はっきりとは言えないでしょうが、長引く怪我とか、そういった類いのものではなさそうです。
続きを読む