ママドゥ・サコーの行き先にサウサンプトン説も浮上


UEFAからドラッグ疑惑をかけられ、それは晴れたものの、アメリカでのキャンプからは途中で送還されたママドゥ・サコー。
アキレス腱も痛めたりと、夏からは踏んだり蹴ったりの時となっています。
今シーズンは、リバプールの戦力としてベンチ入りもしておらず、1月の移籍が濃厚とされていますが、その行き先にサウサンプトンという名前もあがって来たようです。
続きを読む

ガラタサライがママドゥ・サコー獲得を希望か メディアより


1月の移籍市場においては、リバプールから出て行くプレイヤーは少ないと思われていますが、どうしても話題にあがるのはママドゥ・サコーの処遇かと思います。
これまでも、ウェストハムやウェストブロムがサコーを欲しがっているという報道が出ていました。
昨年夏の際には、ローン移籍を拒んだサコーでしたが、リバプールでの現状を見る限り、1月に何らかの決断をする可能性もあるかもしれませんね。
続きを読む

ミランとインテルがママドゥ・サコー獲得に関心を示す メディアより


リバプールでは構想外だと報じられているママドゥ・サコーですが、1月にも新天地を求めるだろうとの声も多々あがっております。
ママドゥ・サコーがおかれた現状を見れば、本人のためにも、出場機会のある場所を見つけることがベターなのかもしれません。
そのママドゥ・サコーに対し、ミランとインテルが興味を持っているとの報道が出ております。
続きを読む

ママドゥ・サコーの1月放出は既定路線か 「サコーはファーストチームのプランに入っていない:ユルゲン・クロップ」

js88298396
「ママドゥ・サコーのリバプールでのキャリアは終わった」というインパクトのある書き出しで、エコーが大きく記事にしています。
エコーによればですが、リバプールは1月にママドゥ・サコーを放出する方針であり、ユルゲン・クロップの構想には含まれていないとのこと。
今回は、ちょっとそのことに触れてみたいと思います。
続きを読む

ママドゥ・サコー獲得にレスターとウェストハムが関心を示しているとの報道も

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-6
ママドゥ・サコーにとっては、非常に難しいシーズンになったと思います。
思い起こせば、UEFAからドーピング疑惑の調査対象とされてから、サコーの立場からすれば、踏んだり蹴ったりの状況が続いているのが現実だと言っていいと思います。
サコーの母国フランス国内では、「サコーは1月に99.9パーセント移籍する」という報道も出ています。
続きを読む

ママドゥ・サコーは1月に99.9%リバプールから移籍する(フランス国内メディア)

thumb_26817_default_news_size_5
UEFAにドーピング疑惑をかけられて以来、ママドゥ・サコーにとっては、歯車が狂い、負の連鎖が起こっているような印象さえあります。
フィジカルコンディション的には問題はないようですが、トップチームで起用される気配はなく、英国メディアでは、リバプールは放出路線だとしています。
一方、サコーの地元であるフランス国内では、「99.9パーセント、1月にリバプールから出て行く」という論調が出て来ているそうです。
続きを読む

ママドゥ・サコーに1月ローン移籍説も浮上 メディアより

sakho-725672
ママドゥ・サコーに関する報道を見ていると、多くのメディアは、ユルゲン・クロップの構想には入っていないという理解をしていることが伺われます。
思えば、夏の移籍市場においても、デッドラインデーぎりぎりまでもつれたわけですが、現在置かれた状況を鑑みると、サコー自信にも心の変化が起こっていることは推測できそうです。
そんな中、MirrorやExpressは、来る1月にもサコーは放出される可能性があると報じています。
続きを読む