ユルゲン・クロップ監督はリバプールへトロフィーを取り戻す(ヨン・アルネ・リーセ)


かつてリバプールで活躍をしたヨン・アルネ・リーセですが、ユルゲン・クロップ監督が具現している攻撃的フットボールを高く評価しているようです。
リーセは、フットボールの内容よりも勝利を優先する監督もいるが、ユルゲン・クロップ監督は、両方を実現しようとしているとしています。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソンからキャプテンを変える考えのないユルゲン・クロップ監督


リバプールのキャプテンであることは、素晴らしい名誉であると同時に、大きなプレッシャーを背負うものだと言われています。
そのことは、よくスティーブン・ジェラードも語っていたかと思います。
ご存知のとおり、現在リバプールのキャプテンを務めているのはジョーダン・ヘンダーソンであり、ユルゲン・クロップ監督は、それを変更する考えはないようです。
続きを読む

ファン・ダイクはリーダーであり戦士でありリバプールのプレイヤー!(ユルゲン・クロップ監督)

Virgil van Dijk


本年1月1日付けで、リバプールにやって来たビルヒル・ファン・ダイクですが、当初ユルゲン・クロップ監督は、彼には時間を与えてほしいという趣旨の発言をしていました。
しかし、ファン・ダイクが予想以上に早く、リバプールというチームに馴染んでいることを歓迎しているようです。
その人柄を誉め、素晴らしいプレイヤーである!と、ユルゲン・クロップ監督は、ファン・ダイクを讃えています。
続きを読む

アダム・ララーナは100パーセント必要なプレイヤー(ユルゲン・クロップ監督)


今シーズンは、開幕前に怪我を負い、出場機会が多くはないアダム・ララーナですが、ユルゲン・クロップ監督は、全幅の信頼を寄せているようです。
プレミアリーグの残り9試合、ヨーロッパでの戦いも含めると、まだ多くの試合が残っており、アダム・ララーナを起用していくことを明言しています。
続きを読む

ユルゲン・クロップがモハメド・サラーをリバプールのトップ・スコアラーにした(スティーブン・ジェラード)


もはや、驚異的!という言葉しか浮かばないモハメド・サラーの活躍ぶり。
すさまじいものがありますね。
ニューカッスル戦でもゴールを決めましたので、今シーズンの公式戦で早くも32ゴールでしょうか。
続きを読む

アンドリュー・ロバートソンはスコットランド代表のキャプテンにふさわしい(ユルゲン・クロップ監督)


今シーズンが開幕し、しばらくの間はベンチに入らない試合も多く、一部では1月でローン移籍を希望するのではないか?とも囁かれていたアンドリュー・ロバートソンですが、いまや堂々たる活躍ぶりを披露していますね。
きっかけは、アルベルト・モレノが怪我を負ったことで、チャンスが巡って来たところにありますが、その機会をつかめるということは、日頃からしっかりと準備してきたであろうことは、間違いないと思います。
続きを読む

ユルゲン・クロップが1月期 プレミアリーグ最優秀監督賞候補に

Jürgen Klopp


早いもので、暦は2月となり、一週間が経とうとしています。
さて、プレミアリーグの1月期、マネージャー・オブ・ザ・マンスの候補に、ユルゲン・クロップ監督がノミネートされました。
続きを読む

プレイヤー達がリバプールに残りたいと望むような状況をつくらなければならない(ユルゲン・クロップ)


リバプールを去って行ったコウチーニョ。
「バルセロナでプレイすることが夢だった」と言っているそうですが。
今、リバプールが取り組んでいる案件は、エムレ・チャンとの契約延長問題かと思います。
続きを読む