ルーカスは私が出会った中で最高の人物の一人(スティーブン・ジェラード)


スティーブン・ジェラード。
私が説明をするまでもなく、地元リバプール出身のレジェンドです。
かたや、ブラジルからやって来た10年プレイヤーがルーカス・レイバ。
スティーブン・ジェラードは、おそらくルーカスをリバプールの人として見ていたのかもしれません。
続きを読む

スティーブン・ジェラードはまだ現役としてリバプールでプレイできると思った(ルイス・スアレス)


クラブ創立125周年ということもあり、ルイス・スアレスがLFCTVに、リバプールへ寄せる思いを語っており、これまでも何度かご紹介をしてきました。
今回、LFCがオフィシャル・ウェブで紹介をしているのは、ルイス・スアレスがスティーブン・ジェラードについて語っている内容となっています。
続きを読む

スティーブン・ジェラードへのサポートを約束するユルゲン・クロップ監督


スティーブン・ジェラード。
レジェンドの中のレジェンド!と、呼んでもいいと、私は思っています。
黄金時代を持つリバプールには、多くの偉大なる先駆者達がいます。
それでも、スティーブン・ジェラードの人気、存在感は、他の追随を許さないものがあるように思えるのです。
続きを読む

ルイス・スアレス 『クロップ監督の元でリバプールはどんどん良くなっている』

Luis Suarez


ルイス・スアレス。
どんな形であっても、ゴールという結果に結びつけてしまう天性のストライカーでした。
リバプール在籍中には、数知れぬほどのスーパーゴールを決めています。
そのルイス・スアレスが、ユルゲン・クロップ監督になってから、リバプールはどんどん強くなっているということなどを語っています。
続きを読む

あれから10年 フェルナンド・トーレスがアンフィールドへやって来た スティーブン・ジェラードも称賛


時は流れ、常に物事は変化し、ひとつところに留まることはない。
それでも、確かにあった事実というものが存在しますね。
10年前の今日、エルニーニョ(神の子)と呼ばれた青年がアンフィールドへやって来ました。
続きを読む

シャビ・アロンソがバイエルン(カルロ・アンチェロッティ)からの仕事依頼を断る いつかはレッズへ!?


思えば、リバプールファンにとっては、感慨深い出来事が沢山起こった一年間でありました。
スティーブン・ジェラード、ディルク・カイト、そしてシャビ・アロンソなど、コップから愛されたプレイヤー達が次々に現役引退を表明するという出来事が。
いつかは来る日と分かっていても、やはり胸に迫るものを感じます。
続きを読む