リバプールはチェルシーを捉えることが出来るとするディートマー・ハマン 「2017年にはサプライズが」


かつてリバプールでプレイをしたディートマー・ハマンが、リバプールがサディオ・マネの決勝ゴールで、マージーサイドダービーに勝利したことは大きいと語り、チェルシーを捉えることは可能だ!という趣旨の発言をしています。
ハマンとしては、チェルシーは良いチームではあるものの、まだ完成されてはおらず、リバプールが追いつき、追い越す可能性はあると考えているようです。
続きを読む

ケニー・ダルグリッシュがダービーを前に 「ユルゲン・クロップとリバプールは完璧にフィットしている!」


リバプールのクラブ史に輝くレジェンド、ケニー・ダルグリッシュ。
地元リバプールでは、少年達もケニーを尊敬していると言われています。
それは何故か?
おじいちゃんやお父さんから、「ケニーがどれだけ凄いプレイヤーだったか!」を聞かされて育つから。
続きを読む

リバプールのゴールはユルゲン・クロップによるもの(ロビー・ファウラー)


今シーズンのリバプールは、その攻撃力が高く評価されています。
常に流動的でありつつ、連携が取れており、時に波状攻撃を仕掛けるスタイルは、見ていて飽きることがありません。
ロビー・ファウラーは、今シーズン多くのゴールを決めているリバプールについて、ユルゲン・クロップの哲学によっているものだという趣旨の発言をしています。
続きを読む

ディートマー・ハマンがネビル兄弟の言動に苦言 「ガリー・ネビルは弟の助けなど要らないはず」


評論家、あるいは解説者というのは、自ら行為をしない人ですし、あれこれと指摘することが仕事の一部ですから、時に批判をすることもあるでしょう。
ただ、それも度を超え、プレイヤーの人格まで傷つけたり、必要以上の表現で比喩等を用いることは、気をつけるべきときもあると思います。
もし、プレイヤーが怠けていたり、一生懸命にやっていない場合においては別かもしれませんが、批判をするときには、「どうしたらもっと良くなるか、こうしたらもっとよくなる」という気持ちが根底になければ、本物の批評には当たらないと、私は思います。
続きを読む

サミ・ヒーピアがジョエル・マティプを高く評価 「私に似ているところ?たくさんあるよ」


11月のリバプール、プレイヤー・オブ・ザ・マンスに選ばれたジョエル・マティプですが、初めてのプレミアリーグ挑戦とは思えないほどに、早くフィットしてくれたと、私は思っています。
先日のウェストハム戦は、ドローで終わったものの、そんな中でもマティプは、良い面を見せていたように思えます。
さて、そのウェストハム戦ですが、スタンドにはサミ・ヒーピアの姿がありましたね。
ヒーピアは、マティプを讃えるコメントをしております。
続きを読む

スティーブン・ジェラードの劇的ゴールが生まれた日 対オリンピアコス戦(イスタンブールへの道)


コップから最も愛されたレジェンド、スティーブン・ジェラード。
現役引退発表は、多くのファンに計り知れない思いを抱かせたかと思います。
今日、12月8日という日は、スティーブン・ジェラードにとって忘れられない日でもあります。
チャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦!
続きを読む

ディルク・カイト 「オールド・トラフォードで満場のブーイングを受けることは私のプライド! スカウサーと呼ばれることを誇りに思う」

dirk-kuyt
今もなお、多くのリバプールファンから愛され続けるディルク・カイト。
惜しみないプレイ、その献身的な姿は感動的でした。
また、ディルク・カイトは、試合後の姿を見ても、相手へのリスペクトを忘れず、常にスポーツマンシップに溢れた人だったと思います。
続きを読む