リバプールがアーロン・ラムジー(アーセナル)獲得に動くとの報道も

Aaron Ramsey


数日前のこと、BBCが報じるニュースとして、アーセナルがアーロン・ラムジー(ウェールズ)との契約延長を断念したという話題をご紹介したところです。
アーロン・ラムジーといえば、以前にも何度となくリバプールが関心を持っているとの報道が出ていた時期がありますが、今回の事態を受けてでしょうか、リバプールは再度その獲得に乗り出すとの記事が出てきております。
続きを読む

コウチーニョがリバプール入りを勧めてくれた(アリソン)


近年のリバプールは、ゴールキーパーが課題だと言われ続けてきましたが、今年の夏には大型補強を敢行し、ローマからブラジル代表ナンバー1GKのアリソンを獲得しました。
アリソン自身、リバプールに好意をもっていたからこそ実現した移籍だと思いますが、この決断をサポートしていた存在がいたそうです。
アンフィールドで、アリソンがインタビューにこたえたそうで、エコーが報じています。
続きを読む

アーセナルがアーロン・ラムジーとの契約延長を諦めたとの報道も

Aaron Ramsey


過日のこと、この場でもちょっと触れさせていただいたことがありますが、アーセナルとアーロン・ラムジー(ウェールズ)との契約は、来年の6月30日までだとされています。
一部では、リバプールがアーロン・ラムジーの獲得へ動くという報道もあったわけですが、どうもアーセナルはラムジーとの契約延長を断念したという説が出て来ているようです。
続きを読む

マリオ・ゲッツェにリバプール行きを勧めるケビン・グロスクロイツ


ユルゲン・クロップ監督の元、ドルトムントで活躍をしたマリオ・ゲッツェ(ドイツ)ですが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍したものの、思うほどの出場機会は得られず、古巣であるドルトムントに戻ったことについては、ご存知の皆様も多いことと思います。
しかし、ドルトムントでも、なかなか出場機会を得られない状況となっており、かつてのチームメイトであるケビン・グロスクロイツは、来る1月にもリバプールへ行くことが良いと発言をしたそうです。
続きを読む

リバプールがニコロ・バレッラ(カリアリ)獲得に£31mを用意しているとの報道も

Nicolo Barella


以前から、リバプールが関心を持っているプレイヤーとして、カリアリ所属のミッドフィールダーであるニコロ・バレッラ(イタリア)の名前が取り沙汰されています。
今年の夏にも、リバプールの補強ターゲットだとの報道が出ていましたが、それは実現することなく終わったわけですが、今もなおニュースとして、その去就が注目されているようです。
続きを読む

リバプールがニコロ・バレッラ(カリアリ)獲得に動く可能性を示唆する報道も


セリエAのカリアリに所属する若手ミッドフィールダー、ニコロ・バレッラ(イタリア)については、夏の移籍市場でもリバプールの補強ターゲットだという報道がなされていました。
ニコロ・バレッラは、1997年2月7日生まれの21歳。
結果的に、夏の移籍は実現しなかったわけですが、ここへ来てtalksportなどのメディアが、リバプール入りの可能性について記事にしてきています。
続きを読む

バルセロナがアルベルト・モレノに関心を持っているとの報道も

Alberto Moreno


リバプールの左サイドバックといえば、アンドリュー・ロバートソンが定着した感があり、新シーズンになって以来、アルベルト・モレノは、まだ公式戦に出場をしていませんね。
プレミアリーグ開幕以来、クリーンシートを続けてきたこともあり、実際ディフェンスラインをいじることは出来なかっただろうと、私は思っています。
ところで、アルベルト・モレノに、バルセロナが関心を持っているという報道があるのだそうです。
続きを読む

リバプールがアドリアン・ラビオ(PSG)の母親とコンタクトを取っているとの報道も

Adrien Rabiot


パリ・サンジェルマン所属の若手ミッドフィールダーであるアドリアン・ラビオ(フランス)のことについては、この場でも何度か取り上げさせていただいたことがあります。
最初に書かせていただいたのは、アドリアン・ラビオは、少年時代からリバプールの熱烈なファンであり、いつかはアンフィールドでプレイをすることが夢だということ。
その後、本年8月には、リバプールもアドリアン・ラビオに関心を持っているとの報道がなされました。
続きを読む