FAがマンチェスター・シティを処分へ(リバプール戦での主審取り囲みにより)


マンチェスター・シティ対リバプール戦において、ロベルト・フィルミーノがボックス内で倒されPKという判定が出た際、シティの多くのプレイヤー達がマイケル・オリバー主審を取り囲み詰め寄った件をFAが問題視しており、処分することを発表しています。
Mirrorなどが報じています。
期日を設け、異議申立が出来るそうですが、シティは今シーズン、チェルシー戦でも処分を受けており、情状酌量される余地は少ないように思われます。
続きを読む

ジェイムズ・ミルナー 「マンチェスター・シティ戦のドローはフェアな結果だった」

James Milner


1-1のドローという結果に終わったマンチェスター・シティ戦ですが、お互いに何度かの決定機があり、どちらに勝利が転がり込んでもおかしくない内容だったと思います。
先制点となるPKを決めたジェイムズ・ミルナーですが、相変わらず落ち着いていて、メンタルの強さを実感させられたところです。
そのジェイムズ・ミルナーが、「ドローはフェアな結果だった」としつつ、インターナショナル・マッチ・ウィークにより、試合間隔が開くにあたり、負けなかったことは大きいという趣旨の発言をしています。
続きを読む

リバプール対エバートン戦(マージーサイドダービー)の試合日程や放送予定など


マンチェスター・シティとの対戦を終えたリバプール。
今シーズンは、いわゆるトップ6同士の直接対決は、すべて終了し、無敗を貫きました。
リバプールの次なる試合は、伝統のマージーサイドダービーです。
続きを読む

ジョルジニオ・ワイナルドゥムのこと マンチェスター・シティ戦へのジニのコメントを添えて


実は、マンチェスター・シティ戦を終え、一本ジョルジニオ・ワイナルドゥムに関することを書こうかなと思っていたところでした。
最近のジニは、結果も出しているし、マンチェスター・シティ戦でも、優れた部分を発揮してくれたと感じていたからです。
あのウェットコンディションの中で、強豪を相手に、ジニはかなりよい仕掛け、プレス等々で貢献していたと、私には見えました。
続きを読む

アダム・ララーナが謝る必要などない(ユルゲン・クロップ)


1-1のドローという結果になったマンチェスター・シティ対リバプール戦ですが、いずれのチームにも追加点を決めるチャンスはあったと思います。
リバプールとすれば、最大のチャンスは、ロベルト・フィルミーノが左からゴール中央にいるアダム・ララーナへ繋いだシーンでしょうか。
ゴール前、ゴールキーパーと1対1という状況になったアダム・ララーナですが、決定機でキックミスをしています。
続きを読む

マンチェスター・シティ対リバプール戦の結果と感想


先ほど、アウェイでのプレミアリーグ、対マンチェスター・シティ戦が終了しました。
試合結果から書くと、1-1のドローで終わっています。
当然のことながら、勝ちたい試合であったわけですが、ここで決めていれば!というシーンもあれば、あそこで決められていたら・・・という場面もあったという展開になっています。
続きを読む

マンチェスター・シティ対リバプール戦のスターティング・イレブン


マンチェスター・シティ戦のキックオフまで、あと1時間を切り、リバプールのメンバーが発表となっております。
詳細は、LFCのグラフィックのとおりです。
まず、ロベルト・フィルミーノが戻ってきましたね。
続きを読む