国内カップ戦 プレイヤー

カラバオカップでのディボック・オリギのゴールが話題に!

2021/10/28

カラバオカップ4回戦でプレストン・ノースエンドに勝利し、準々決勝進出を決めたリバプールですが、この試合で生まれたゴールが大きな話題になっています。 アウェイマッチでしたが、リバプールは2点を決めており、先制ゴールは南野拓実が決めたもの。 追加点はディボック・オリギがゴールしていました。

ReadMore

プレミアリーグ 国内カップ戦 ヨーロッパカップ戦

シーズン無敗を継続するリバプール!

2021/10/28

2021-2022シーズンがスタートし、いまだリバプールは公式戦無敗! プレミアという世界一厳しいリーグで戦いつつ、チャンピオンズリーグ、カラバオカップと多くの試合が開催されている中、言うことのない戦績だと思います。 昨シーズンは、センターバックに負傷者が相次いだリバプールですが、ファン・ダイクを筆頭に主力が帰って来た効果は、間違いなく出ていると言えそうですね。

ReadMore

国内カップ戦 プレイヤー

ネコ・ウィリアムズがプレストン・ノースエンド戦のプレイヤー・オブ・ザ・マッチに!

2021/10/28

カラバオカップ4回戦でプレストン・ノースエンドに勝利し、準々決勝進出を決めたリバプール。 この試合で最も活躍、貢献したプレイヤーは誰か!? ファンが選んだのは、ネコ・ウィリアムズでした。

ReadMore

国内カップ戦

プレストン・ノースエンド対リバプール戦の結果と感想

2021/10/28

先ほど、カラバオカップ4回戦、プレストン・ノースエンド対リバプール戦が終了しました。 アウェイでの試合でしたが、0-2のスコアのクリーンシートでリバプールが勝利を飾りました。 これでリバプールは、カラバオカップでネクスト・ラウンド進出を決めています。

ReadMore

国内カップ戦

プレストン・ノースエンド対リバプール戦のスターティング・イレブン

2021/10/28

この後、日本時間午前3:45にキックオフとなるカラバオカップ4回戦、プレストン・ノースエンド対リバプール戦のスターティング・イレブンが発表となりました。 詳細は、LFCのグラフィックのとおりです。 予想どおりではありましたが、南野拓実がスタメンに名を連ねましたね。 数少なくなっている出場機会ですが、こういうときにアピールをしてほしいと思います。

ReadMore

国内カップ戦 プレイヤー

ナビ・ケイタなどリバプールの負傷者に係る状況

2021/10/26

マンチェスター・ユナイテッドのホームへ乗り込み、歴史的な圧勝を飾ったリバプールですが、代償もありました。 ファーストハーフにはジェイムズ・ミルナーが負傷交代、セカンドハーフではナビ・ケイタがピッチを退いています。 彼等を含めた負傷者等の状況について、アシスタント・マネージャーのペップ・リンダースがLiverpoolfc.comへ向けて語っています。

ReadMore

ヨーロッパカップ戦

リバプール対アトレティコ・マドリード戦(CLグループB)の試合日程や放送予定など

2021/10/26

死の組と呼ばれたチャンピオンズリーグのグループBで首位を行くリバプール。 次節からは2巡目の戦いですね。 リバプールですが、次節もアトレティコ・マドリードとの対戦であり、今度はホーム、アンフィールドで戦うことができます。

ReadMore

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対ブライトン戦(プレミアリーグ第10節)の試合日程や放送予定など

2021/10/25

オールド・トラフォードに乗り込み、5得点、クリーンシートでマンチェスター・ユナイテッドを撃破したリバプール。 思えば、プレミアリーグでは、その前のワトフォード戦もアウェイゲームであり、やはり5ゴール。 2試合のアウェイゲームで10ゴールを決めていることになります。

ReadMore

プレミアリーグ プレイヤー

マンチェスター・ユナイテッド戦のプレイヤー・オブ・ザ・マッチはモハメド・サラーに!

2021/10/25

オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドに大差での圧勝を飾ったリバプール。 これだけの試合は、チームがひとつにならなければ成し得ないことだと思います。 その中でも傑出した活躍をしたプレイヤーは誰か? ファンが選んだのは、モハメド・サラーでした。

ReadMore

プレミアリーグ

スタッツに見るマンチェスター・ユナイテッド対リバプール戦

2021/10/25

0-5の大差でリバプールが勝利をおさめたマンチェスター・ユナイテッド戦ですが、感覚的にはもっと点差がついているような。 試合が終わるのを待たず、家路につくオールド・トラフォードの人々。 印象的な光景でした。

ReadMore