ジョン・フラナガンが手術 今シーズンは絶望か

エコーが報じるところによれば、ジョン・フラナガンは膝の手術を受けたそうで、少なくとも約8週間はプレイできないであろう・・・とのこと。

ロンドンにスペシャリストがいるそうで、その治療を受け、水曜日の夜には退院しているそうですが、8週間といえば、今シーズンはまず間に合わないと考えてよさそうです。

若いフラナガンにとって、フィジカルのみならず、メンタル的にも辛いシーズンになってしまったと思います。

フラナガンは生きのいい地元っ子だし人気者。
これだけ長く離脱するのは心配だし、まだまだ未来のある青年なので、ぜひともしっかりとした治療を続け、来シーズンに備えてほしいと思います。

ただ、来シーズンには復帰できるとしても、長いシーズン中、どれだけの負荷に耐えられるのか?という心配もつきまといますね。
ホセ・エンリケも膝の状態がはっきりしないまま、シーズンを終えてしまう形になりそうですし・・・。

さらに、グレン・ジョンソンの退団が濃厚となれば、にわかにサイドバックが出来るプレイヤーの補強が急務になった!と、言えそうです。

マンキージョも、今ひとつ信頼を勝ち得ていないようだし、補強をしない限り、左右を合わせたサイドバックがモレノのみ・・・という事態になってしまいます。

ウィズダムがローンから戻ってきますが、それでもまだ足りないと思われます。

若いフラナガンだけに、プレイできるようになったとしても、膝のケアを万全に整えていかなければ、選手生命を縮めてしまう怖れもあります。

サイドバックの補強・・・・やはり必須ですね。
こう考えてくると、どうにも補強が必要なポジションが多く、プレシーズン中にアドバンテージを得るためにも、フロントの素早い動きが求められそうです。

とにかく、フラナガンには、辛い時期でしょうが、どうかがんばって、元気な姿を見せてほしいと思います。

メルウッドのトレーニング ルーカスとモレノも元気な姿を

木曜日の午前中に、QPR戦に備えたトレーニングが行われましたが、ルーカス・レイバもアルベルト・モレノも元気そうな姿を見せてくれました。

クラブからの評価という点では、ちょっと可哀想な印象のあるルーカスですが、年が明けてリバプールが好調路線に入ったのは、ルーカスの存在が大きかったと、個人的には考えています。

ルーカスが入ることで、チーム全体が締まると申しますか・・・。

決して目立つ存在ではありませんが、こういった仕事人、汚れ役が、やはり一人は必要なのだろうな・・・と思う次第です。

今シーズンのリバプールは、ストライカーの得点力不足が多々取り上げられますが、中盤に関しても基軸になるメンバーが確立できずに来てしまった感があります。

確かにストライカーたるもの、ゴールをしてなんぼですが、得点が少ないのは、ストライカーだけの問題ではないように思うのです。
中盤あるいは最終ラインからの押し上げがあり、ボールを素早く回すことによって、相手守備網を完全に崩すスタイル。
そんな形が出来たらいいですね。

何度となく同じようなことを書いていますが、今週末のQPR戦は、リバプールにとって非常に大きな意味をもっていると思います。
ここで勝てないことになれば、本当に今シーズンの道標を失ってしまいかねません。

目の前の試合に集中して、他のことは考えず、よいプレイ、ステキな連携を見せてほしいところです。

スリーバックにももちろんメリット、強みがあると思いますが、往年のリバプールが得意としたサイドからのオーバーラップによる攻撃スタイルが、かなり減少しているように感じています。

サイドを担当するプレイヤーが、安心してどんどん敵陣へ攻め込めるためには、最終ラインは勿論ですが、セントラルミッドフィールダーの存在が不可欠。
ぜひとも、次の試合では、何度となく、サイドからの攻撃も見てみたいものです。

リバプールのフットボールは、やはりスピードあふれるボールまわしと、走る姿の美しさに魅力がある!と、私は思っています。
もし、ルーカスがメンバー入りしたら、両サイドを任されるプレイヤーが、思いっきり攻めに入る姿を見てみたいですね。

昨シーズンと比較するのはナンセンスかもしれませんが、間違いなく昨シーズンは楽しいフットボールをしていた。
ちょっとでもいいから、その片鱗を見せてほしいし、楽しいフットボールの感覚を呼び戻してほしい!と、願っています。

リバプールはいまだウォルコット獲得を眼中に

一時期、リバプールがアーセナルのウォルコット獲得を望んでいるという記事が結構出ていましたが、エコーが報じるところによれば、いまだその筋の話は消えていないようです。

ただし、アーセナルがウォルコットを放出するのは、バルセロナからペドロを獲得できた場合とも同誌は報じています。

ペドロに関しては、レッズの補強候補の一人とも言われていましたよね。
さすがに、チャンピオンズリーグ出場権が難しくなった現状では、何かと制約が出来るということでしょうか?

この季節は、様々な移籍関連ニュースが出ますし、どれが本当か?というのは分かりませんが、リバプールの補強関係記事に関しては、圧倒的にメンフィス・デパイ関連が多いように感じます。

地元でも、デパイ獲得を望む声が、実際多いようです。

さて、ウォルコット。
怪我などもあり、今シーズンの出場機会は、決して満足のいくものではなかったことでしょう。

また、アーセナルにおいて、ウォルコットのポジションが明確に決まったいるか?と問われれば、イエスとは言えないのが現状だと思います。

もちろん、まだまだ分かりませんが、ウォルコットが仮にリバプールへ来た場合、その才能をいかんなく発揮できるのか?
ある意味、一種の賭けに近いもののように感じます。

ララーナ、アイブ、マルコヴィッチ、スターリング・・・・と、現有戦力がいる中で、ウォルコットを獲得するメリットはあるのか?
たしかにいいプレイヤーですが、もっと他に重点を置くべきではないのかな?という感もいたします。

いずれにしても、1メディアが報じている段階なので、何とも言えませんが・・・。

この夏の補強。
ぜひとも充実したものにしてほしいと、心から願いますが、そのためには、監督をどうするのか?という課題を先にクリアーにしておく必要があると思います。

続投なのか?交代なのか?

その方針が揺らぐようでは、補強の基本的考え方が大きくずれてしまう心配があります。

監督人事に関しては、同じリバプールファンの中でも、意見が分かれることでしょう。
その判断をするための直近の試金石が、次節アンフィールドでのQPR戦だと思っています。

QPR戦(プレミア)の日程や放送予定などなど

マンチェスター・ユナイテッド戦で敗れて以来、厳しい状況の続くリバプールですが、次の試合は、ホーム、アンフィールドでのQPR戦となります。
アンフィールドでの試合も、今シーズン残すところあと2試合のみ。

いかにモチベーションを高めて臨めるか?が、鍵になってくると思います。

まずは試合日程と放送予定から。
キックオフ:日本時間、5月2日(土)23:00
会場:アンフィールド
JSPORTS4で生放送

QPRは、現時点で勝ち点27の19位。
まさに降格ゾーン真っ只中という状況ですが・・・・であるがゆえに、万が一この試合で、思うような試合内容を披露できず結果も伴わないとなれば、リバプールにとって、非常な危機に直面すると言ってもいいでしょう。

ファンとしては、ウェスト・ブロム、ハル・シティ、そしてQPR戦の3試合で、勝ち点9を望んでいたはず。
チーム力としては、確実にリバプールが上回っているとは思いますが、いかにメンタル面を充実させ、戦う姿勢を打ち出せるか?という点において、結構難しい試合ではあると思われます。

フットボールに限らず、目標を失ってしまったチームというものは、自分達が持っている力を発揮できないケースも多いと思うし、どれだけ気持ちを込めて試合に臨めるか?が、重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

自信を失わないことこそ、肝心ではないかと・・・。

アンフィールドの雰囲気も、ちょっと気になるところです。
とはいえ、コップ達は、声援を送ってくれるものと信じています。

前述しましたが、今シーズン、アンフィールドでの試合を観られるのは、この試合を含めて2度のみです。
何か!を見せてほしい!
そう願わずにいられません。

考えたくはありませんが、もし・・・万が一、このQPR戦で勝ち点を落とすようならば、リバプールとしては極めて厳しい状況に追い込まれると考えてよさそうです。

こんなとき、誰かモチベーターが引っ張ってくれればいいのですが・・・・。

とにかく、来シーズンへ向けて、何か一つでも得るものがあればいいですね。
この試合は、いろいろな意味で、リバプールファンにとって注目すべきものになりそうです。

グレン・ジョンソンの放出は確定的か?

昨日あたりから、グレン・ジョンソンの去就に関する記事が、だいぶ増えてきました。
メディアからの質問に、ジョンソンが答えたことから、そういう状況になったのだと考えております。

ジョンソンに関しては、冬(1月)の移籍市場の際にも、セリエAへの移籍が報じられましたが、本人としてはリバプールでやりたいと語っていました。

しかしながら、いまだリバプールからのコンタクトはなく、ジョンソンとしては、若者も育っている中、致し方ないこと・・・と捉えている様子がうかがえます。

「リバプールを去るのかって?」
「そうなるんじゃないかな。何のコンタクトもないからね」

ジョンソンの契約は、この夏で満了となるため、移籍をするならばフリーでということになりますが、以前から言われている通り、イタリアのクラブが関心を示しているとされる他、スペイン、さらにはプレミア内での移籍の可能性も囁かれています。

今シーズンにおいても、極めて出場機会は少なく、このままの状況でいけば、仮にリバプールに残ったとしても、来シーズンは更に出番は減少する・・・と見られる中、肝心の延長オファーがなければ、本人が希望したとしても、リバプールに残る道は閉ざされたと考えざるを得ません。

このまま推移すれば、また一人、長くリバプールでプレイしたベテランが去っていくことになるわけですが、肝心なのは、その替わりとなる補強候補がしっかり決まっているのか?という部分でしょうか。

マンチェスタ-・ユナイテッド戦以降のリバプールの状況を見れば、かなりのイメージダウン・・・という印象は拭えません。
プレイヤーの補強は、もちろん重要なことですが、チームのブランド力が限りなく低下してしまっては、交渉も困難度を増すと思います。

何らかの打開策が必要だと思うのですが・・・。

プレミアリーグの残り試合。
既に限られた数しかありませんが、クラブとして確固たるメッセージを発することが出来るか?
いまや正念場に来ているという感が否めません。

メンフィス・デパイのFacebook’Like’にコップが大喜び

このところ、重たい雰囲気に覆われているリバプール。
というわけで、たまにはお気軽なブログを書いてみたいと思います。

ファンもちょっぴり気分転換を。

この時期は、どうしても夏の移籍の話題で盛り上げるものですが、特に報道の数が多いのがメンフィス・デパイの動向ですね。

リバプールへ来るのか?はたまたユナイテッドに取られてしまうのか??

昨日、俄にリバプールファンの間で、大いに盛り上がった出来事がありました・・・。

それは、メンフィス・デパイがFacebookで、リバプールファンが書き込んだコメントからでした。

そのコメントとは、”Welcome to Anfield”。

ここに、デパイがLikeを付けたとか・・・。

どうも、本物(本人)のようだとのことです。

リバプールファンとすれば、喜ぶでしょうね!
獲得レースの相手が、ユナイテッドとなれば、尚更でありましょう。

デパイに関しては、騒がれるだけあって、かなり高い評価を得ているプレイヤーだし、リバプールを選んでくれれば、大歓迎されることでしょう。

移籍の噂というのは、いつも書くように、片目を閉じて読むくらいがちょうどいいとは思うのですが、これもまたフットボールの楽しみの一つでもありますね。

また、新しくやって来るプレイヤーがいれば、リバプールを後にするお馴染みのプレイヤーがいることも事実。
そのへんの情報も、今後少しずつご紹介していければと思っています。

人は、よく「気分転換が必要だよ」という言葉を使いますが、今のリバプールはまさに、気持ちの切り替えが必要な時期かと思います。
ただし、そういった間にも、フロントは重要な決断をしていかなくてはならない。

夏の移籍を効果的に進め、理想的な布陣をつくるためには、まず来シーズンの明確なビジョンを打ち出す必要がある!と、思います。

決断が遅れれば、それだけ補強の動きにも支障が出る。
リバプールは、クラブとして、来シーズンへ向けて、どんなビジョン、青写真を描いているのか?

今後、数週間は、まさにフロント力が試される時期になるように思います。

ジョーダン・ヘンダーソン 「今夜はみんなが失望している」

日本時間、早朝に開催されたハル・シティ戦。
この敗戦は、単に一試合を落とした・・・ということ以上の重いものになるように感じます。

過日、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルに連敗したときも非常に痛い結果でしたが、ウェスト・ブロムとハル・シティを相手にいずれも勝てなかったことのほうが、今後のリバプールの在り方に影響する出来事だったとも思います。

さて、試合を振り返って、ゲーム・キャプテンを務めたジョーダン・ヘンダーソンがコメントしていますので、ちょっとだけご紹介したいと思います。

(JH)
とても残念だ。
僕達は高い目標を設定していたし、ここで勝つつもりだったからね。
ハル戦は、難しい試合になるとは分かっていたけどね。

彼等は、生き残りをかけて戦っている。
そのことが、事態を難しくしたんだ。
ウェスト・ブロムとの試合も同様だったよ。

残念ながら僕達は、それを突破することが出来なかった。
僕達には、もっと上手くやる必要があったんだ。
とても失望しているよ。

チャンスも作れたし、ボールを持ってポゼッションも出来た。
でも、フィニッシュが出来なかったね。
僕達はもっとファイナルサードのエリアを再構築する必要があると思うんだ。

それが出来れば、必ず相手を倒せるだろうね。

僕達は、戦い続けなければいけないんだ。
みんなが失望していることは明かだよ。
早く、次の試合、QPR戦に切り替えないとね。

とにかく、残り試合を勝つことだよ。
その上で、僕達がどうなっているかを見るしかないね。

僕達には、仕事をし続ける必要があるんだ。
今夜は、みんなががっかりしているよ。

でも、僕達は今一度、立て直さなければいけないんだ!

ヘンダーソンとして、精一杯のコメントだったと思います。

ポゼッションすれどもゴールに繋がらず・・・・。
プレイヤーの交代の仕方も含めて、まるでウェスト・ブロム戦をコピー&ペーストしたような試合でした。

おそらく、プレイヤー達は、私が思う以上にショックを受けているだろうし、どこに目標を置けばよいのか?を迷っていることでしょう。

QPR戦で、どんな策を取り、勝ちに行くのか?
どんな風に改善を図ろうとしている部分が見えてくるのか?

いろいろな意味を含めて、次の試合は、リバプールにとって来シーズンへ向けての動きを占う大きな試合になるかもしれませんね。