リバプールの放出関連(私見)


移籍市場も最終日を迎えておりますが、どうしても補強に注目が集まるかと思います。
もちろん、私も注目しております。
それを踏まえた上で、リバプールの放出関連について、ちょっとだけ私見を書いてみたいと思います。

出る可能性が高いプレイヤー。
まず、残るだろうと思われるプレイヤー。
最後まで去就が分からないプレイヤーなど・・・。

以下、私なりに注目している名前をあげてみたいと思います。

■ママドゥ・サコー
■ラザル・マルコヴィッチ
■フィリペ・コウチーニョ
■ディヴォック・オリギ
■ライアン・ケント

ママドゥ・サコーに関しては、クリスタルパレスが、最後まで獲得に望みをつないでいるようです。
おそらく、最終的にはまとまるのではないか?
そのように予想をしております。

さすがに、これ以上リバプールに留めるのは、ママドゥ・サコーにとっても、ちょっと可哀想な気がいたします。

ラザル・マルコヴィッチに関しては、勿体ないプレイヤーの一人だと思いますが、これまでの処遇を見る限り、放出候補ではあると思います。
ただ、決定的な行き先、ここだ!というクラブが、なかなかあげられず、こちらは様子見かな?と、思っております。

コウチーニョに関しては、もう二者択一ですね。
バルサへ行くのか?出さないのか?

ディヴォック・オリギについては、補強の進み具合もあるかと思いますが、もし本人がローン等を強く希望した場合、欲しがっているクラブは多そうなので、もしかしたらローン移籍の可能性もありか?と、考えております。

ライアン・ケントの名前も、一応あげましたが、やはり欲しがっているクラブが多いとされていますが、私の個人的意見では、リバプールに残してチャンスを与えてほしい!と、願っております。

リバプールの放出関係。
トップチームの主力級だと、決まったのはルーカス・レイバくらいですね。
今後、数時間のあいだに、何が起こるのか?

注目してみたいと思っております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]