レアル・マドリード対リバプール戦(CL決勝)を控えて モハメド・サラーとマルセロ


決戦の時が近づいてきますね。
チャンピオンズリーグ決勝は、現地時間5月26日(土)にキックオフとなります。
このレアル・マドリード対リバプール戦を控えて、少しずつですが、私なりに、この試合におけるポイントと思われるものなどをしたためていきたいと思います。

まず、レアル・マドリード対リバプール戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『レアル・マドリード対リバプール戦(チャンピオンズリーグ決勝)の試合日程や放送予定など』

今回は、モハメド・サラーとマルセロについて、ちょっとだけ書いてみたいと思います。

レアル・マドリードの勝ち上がりを見てくると、いくつかの試合で、マルセロがキーマンになっていたことが分かります。
攻撃力にも定評があるだけに、リバプールとしては、出来るだけ攻撃参加の機会を減らす方向に持っていきたいですね。

ひとつ、ポイントとなるのは、モハメド・サラーの存在だと、私は思います。
モハメド・サラーにかかる期待は、当然大きいわけですが、マルセロの抑止力にもなるのではないか。
そう考えています。

出来れば、マルセロを相手陣内に封じ込めるような試合展開に持ち込みたいですね。

攻撃参加を許すと厄介な相手だけに、モハメド・サラーがいることで、労力の多くを守備に割かせたいところです。

レアル・マドリードは、当然ながら、モハメド・サラーに最大レベルの警戒をしてくることでしょう。
リバプールとしては、むしろそこを逆手に取りたいですね。

このビッグマッチにおける局面での注目点。
そのひとつが、モハメド・サラーとマルセロの対峙だと、私としては思う次第です。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]