ジョーダン・ヘンダーソンのファイティング・スピリットとキャプテンシーをレスター戦で見た


ジョーダン・ヘンダーソン。
いいキャプテンになったと実感します。
アンカーとしてのプレイぶりも素晴らしいものがありますが、リーダーシップという点で、逞しくなってきたと思うのです。
その姿を、私はレスター戦で見ることができたと感じております。
続きを読む

ユルゲン・クロップ監督がアレックス・オックスレイド=チェンバレンの成長を助けてくれる(ジョーダン・ヘンダーソン)

Alex Oxlade-Chamberlain


この夏、新しくリバプールの仲間入りを果たしたアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
既にアーセナル在籍中に多くのキャリアを積んできているわけですが、ジョーダン・ヘンダーソンは、リバプールにおいて、更なるキャリアップを果たすことに期待しているようです。
イングランド代表としてもチームメイトとしてやって来ている二人だけに、きっと馴染むのも早いことでしょう。
続きを読む

コウチーニョのことは話題にしていない 仕事に集中するのみ!(ジョーダン・ヘンダーソン)


コウチーニョが、トランスファーリクエストを出したとされて以来、日々リバプールは喧噪の中に晒されていますね。
キャプテンであるジョーダン・ヘンダーソンとしては、いかにチームメイトが動揺せず、ドレッシングルームの雰囲気を良いものに保つかにも苦心する必要が生じていると言っていいと思います。
ヘンドは、チームメイトの間で、コウチーニョに関する会話はしていないと語っており、いつもどおり仕事に集中するだけだ!という趣旨のコメントをしています。
続きを読む

ホッフェンハイムとの試合はまだ終わっていない(ジョーダン・ヘンダーソン)


思えば、ホッフェンハイムとのファーストレグは、非常に大きな意味を持っていたと思います。
出来れば複数点以上のゴールを!と、私自身望んでいましたので、そういった意味では良い結果だと言えると思いますが、やはりジョーダン・ヘンダーソンも失点については非常に悔しがっているようです。
その上で、アンフィールドでの試合でしっかり勝ち上がることが重要だとの認識を示しています。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソンがコウチーニョと話をするつもりであることを明かす


リバプールのキャプテンというものは、大きなプレッシャーに晒されるといいますね。
こればかりは、経験をした者でなければ分からないものだと思います。
ただ、その一挙手一投足が、多くの人々に影響を与えることは確かで、本当に大変だろうなとは、私にも想像はつきます。
いま、リバプールのキャプテンはジョーダン・ヘンダーソン。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソンはワトフォード戦(プレミアリーグ開幕戦)に間に合う見込み メディアより

Jordan Henderson


先日、ダブリンで開催されたフレンドリーマッチ、対アスレティック・ビルバオ戦を体調不良のため欠場したジョーダン・ヘンダーソンですが、エコーの情報によれば体調は回復しており、土曜日に開幕となるプレミアリーグ、対ワトフォード戦には間に合うと見られているようです。
同誌によれば、ウィルス性疾患だったとのこと。
続きを読む

我々はより高い目標を設定しなければならない(ジョーダン・ヘンダーソン)

Jordan Henderson


昨シーズンは、主にアンカーとしてプレイをしたジョーダン・ヘンダーソンでしたが、新境地を開拓したかのような活躍ぶりでした。
それは、数字にも表れていたと思います。
ただ、ヘンドにとって無念だったのは、またもや怪我に見舞われ、シーズン後半はピッチに立てなかったこと。
続きを読む