クリスタルパレスが1月でのドミニク・ソランケ獲得に関心を持っているとの報道も

Dominic Solanke

私はといえば、密かにドミニク・ソランケの将来に期待を寄せている一人であります。
ブレイクすれば、大型のストライカーとして活躍しそうですが、現実は厳しく、今シーズンは出場機会に恵まれているとは言えません。
そんなドミニク・ソランケに目をつけているのが、クリスタルパレスのロイ・ホジソン監督だとの報道が出て来ています。

続きを読む

アドリアン・ラビオ(PSG)は1月での移籍が濃厚か


Adrien Rabiot

以前から、リバプールの補強候補、そのうちの一人だとされているのが、パリ・サンジェルマン所属のミッドフィールダー、アドリアン・ラビオ(フランス)ですが、来年の夏でPSGとの契約は満了となります。
ただ、契約延長交渉は難航しており、来る1月での移籍の可能性が高まっているようです。

続きを読む

オビエ・エジャリアがリバプールに帰還へ(リバプールとレンジャーズが公式発表)


Ovie Ejaria

リバプール期待の若手プレイヤー、オビエ・エジャリアですが、本年6月にはレンジャーズへシーズンローンで行くことが公式発表され、スティーブン・ジェラードの元で活躍をしていました。
そのエジャリアですが、リバプールへ戻って来ることになったそうです。

続きを読む

リバプールが1月の補強ターゲットとしてパスカル・グロス(ブライトン)に関心を持っているとの報道も


Pascal Gross

2019年の足音が聞こえてくる季節となりました。

もうすぐ、冬の移籍市場が解禁ですね。

さて、リバプールはミッドフィールダー獲得に動くのではないかと見る筋が結構多いようですが、その候補として、ブライトン所属、パスカル・グロス(ドイツ)の名前が、メディア上に浮上しています。

報じているのはMirrorで、ユルゲン・クロップ監督はドルトムント時代から、パスカル・グロスを高く評価していたとのこと。

ゲームメイクができ、セットプレイでのキッカーも担当できるタイプかと思いますが、同誌によれば、移籍金は£15mを用意するとか。

パスカル・グロスは、1991年6月15日生まれの27歳。

Mirrorの見解によれば、リバプールは1月での獲得を狙っているとされています。

この動きについて同誌は、ナビル・フェキル(リヨン)のより安価な代替案だとの見方を示しています。


移籍関連の噂については、今後も多くの名前が浮上してくると思われます。

リバプールが、残りシーズンでも最高の成績をあげるために。

どのポジションへの補強が重要なのか。

クラブとしての考え方が見えてきますね。

リバプールが1月の補強ターゲットとしてトルガン・アザールに関心を持っているとの報道も

早いもので、12月も中旬に差し掛かろうとしております。

ということは、冬の移籍市場が開くまで、約半月という時期に来たことを意味します。

必然、各メディアでは、移籍にまつわる報道を多く取り上げる傾向となってきますね。

続きを読む

ハリー・ウィルソンが1月にもリバプールへ戻る可能性があることをフランク・ランパード監督が認める

今シーズンは、ダービー・カウンティへローンで出向いているハリー・ウィルソン。

その活躍ぶりはめざましいものがありますね。

多くのリバプールファンが、早期のローンバックを望んでいるという報道が出ていたことは、過日ご紹介をしたところです。

続きを読む

ハリー・ウィルソンの早期ローン・バックを熱望するリバプールファン

Harry Wilson


私としては、かなり以前からハリー・ウィルソンに大きな期待を抱いています。
リバプールのファーストチームでは、なかなか出番のなかったハリー・ウィルソンですが、ローン先やウェールズ代表でも活躍をしており、素晴らしいパフォーマンスを見せていますね。
そのハリー・ウィルソンが、また大活躍をしたそうです。
続きを読む