Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

ジョルジニオ・ワイナルドゥム 「ドレッシングルームでの監督の言葉でポジティブになれた!」

投稿日:

gettyimages-624346652
今シーズンのリバプールは、面白いように相手を崩し、多くのゴールを決めてきただけに、サウサンプトンから1点も取れなかったことは、プレイヤー達にとってフラストレーションがたまるものだったかもしれません。
ある意味、膠着状態というような試合でした。
しかし、ジョルジニオ・ワイナルドゥムは、試合後のドレッシングルームで、ユルゲン・クロップ監督が、みんなを明るい気持ちにさせてくれたとしています。

「監督の言葉はポジティブだったよ」と語るジニ。
もしかしたら、試合後には肩を落としてドレッシングルームへと引き上げてきたかもしれないリバプールのプレイヤー達。
しかし、ユルゲン・クロップの言葉によって、みんなが前向きになれたのだそうです。

ここでは、エコーが報じているジニのコメント、その一部についてご紹介をしてみたいと思います。

(GW)
監督はポジティブだったよ。
彼は言ったよ。
「君達は、この試合でネガティブになる必要はない。私達には多くの良いことがあった。多くのチャンスを作れていたじゃないか」とね。

セカンドハーフは、相手エリアでプレイをすることが出来た。
彼は、「得点が出来なかっただけだ」と言って、時にはそういう試合もあるし、負けていないのだから悪い結果ではないとも言ってくれたよ。

彼はポジティブな人であり、ポジティブな監督だよ。
それに彼は、ぼく達の試合に満足してくれたんだ。

ぼく達は、上手くプレイできた。
ただ、ゴールをすることだけを忘れていたんだ。

いいプレイをしても、時々こういうこともあるさ。
この試合がそうだったね。

もちろん、ぼく達はがっかりしているよ。
多くのチャンスをつくっていれば、ゴールが出来るものだからね。

特に、セカンドハーフは上手くプレイが出来たし、サウサンプトンを止めることもできていた。
ついていない日だったということだね。

こういう時っていうのはあるものだし、ネガティブには見たくないね。
ぼく達は、よいことも沢山あったし、悪い部分は少しだけだった。

ぼく達が失望しているのは結果だけだ。
沢山のチャンスをつくれていたし、ゴールが出来ない試合ではなかったからね。

ぼくは、沢山の勝利をしているこのチームの一員であることを楽しんでいるよ。

チームは、とってもいいよ。
いつだって、お互いに良いトレーニングをしているしね。
このトレーニングで、向き合うことが、より良いプレイヤーへとしてくれるんだ。

みんなが、このチームの助けになっている。
フットボールでは、一番ゴールを決めたプレイヤーが注目されるけど、ぼく達はチームであり、それぞれの役割があるんだ。

誰もが、みんなに感謝をしているし、助けになろうとしているよ。
みんなが、リスペクトし合っているから、ぼくはそのことが、ぼく達をより良くしていると思っているんだ。
ぼく達は、お互いみんなのために勝ちたいと願っているんだよ。

thumb_30341_default_news_size_5

ユルゲン・クロップからかけてもらった言葉を繰り返すように、かみしめるように語るジニ。
自信を失うことなく、むしろより高いモチベーションで次の試合に臨んでくれることでしょう。

「君達は、下を向く必要はない!」という趣旨の言葉をユルゲン・クロップはドレッシングルームで、プレイヤー達にかけたようです。

監督の言葉、その笑顔は、いまやリバプールのプレイヤー達にとって特効薬になっているのでしょう。

-未分類
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.