Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

フィリペ・コウチーニョがシーズンチーム内得点王に

投稿日:

Philippe Coutinho


2016-2017シーズンが幕を閉じました。
リバプールは、全日程を終了し、チーム内得点王も決まりました。
今シーズン、最もゴールを決めたのは、フィリペ・コウチーニョに!

コウチの場合は、言うまでもなく、シュート以外のプレイも素晴らしいわけですが、今シーズンは決定力も明らかに増してきた感があります。
冬の時期、負傷離脱をしていたことを考えれば、来シーズンは怪我さえなければ、もっとスコアを伸ばせるだろうと思います。

コウチがチームの得点王に輝いた事実は、ある意味今シーズンのリバプールを象徴しているような気もします。

あのSAS時代のような絶対的な点取り屋を重用するというスタイルから、どこからでも、誰でも点を取れるぞ!というのが、今シーズンのリバプールでしたね。

コウチは、プレミアリーグ最終戦ミドルズブラ戦でゴールを決めており、サディオ・マネを抜き単独首位となる14ゴールを記録したものです。
サディオ・マネも、アフリカ・ネーションズ・カップでの離脱や怪我がなければ、もっとゴールを伸ばしていたことでしょう。

特定の誰かではなく、いろいろなプレイヤーがゴールに関与したことが、今シーズンの特徴だと書きましたが、シーズン10ゴール以上をマークしたプレイヤーが4人います。

フィリペ・コウチーニョ:14ゴール
サディオ・マネ:13ゴール
ロベルト・フィルミーノ:12ゴール
ディヴォック・オリギ:11ゴール

彼等に8ゴールで、アダム・ララーナが続いています。

※このゴール数は、トップチームでの公式戦における記録です。

攻撃のバリエーションが多彩であるのは良いことだと思います。
一方、欲を言えば、来シーズンは、15ゴール以上のゴールを決めるプレイヤーが2人以上出てきたらいいですね。
できたら、20ゴールを超えるストライカーがいたら、より強烈になると思います。

おそらく、来シーズンは、サディオ・マネ、ジョルジニオ・ワイナルドゥムも2シーズン目となり、ゴール数を伸ばしてくることでしょう。

攻撃面に関しては、非常にアグレッシブで、実に面白いフットボールを見せてくれたチーム。
それが、リバプールだったと思います。

コウチには、おめでとう!と、言いたいと思います。

-未分類
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.