プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対チェルシー戦の結果と感想

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


先ほど、プレミアリーグ第13節、リバプール対チェルシー戦が終了しました。
試合結果は、1-1のドローに。
勝ち点を分け合う形となっています。

ちょっとサプライズなスターティング・イレブンを組んで来たリバプールですが、この試合での先制点を奪います。
65分に、モハメド・サラーが決めたもので、フィリペ・コウチーニョからアレックス・オックスレイド=チェンバレンと短いパスを繋ぎ、そのボールを受けたモハメド・サラーがゴール前で落ち着いて決めたものでした。

一方、チェルシーは、85分に同点に追いつくゴールを決めています。

リバプールは、この試合で3人の交代枠を使っております。

■66分:ダニエル・スタリッジ→ジョルジニオ・ワイナルドゥム
■88分:フィリペ・コウチーニョ→アダム・ララーナ、アレックス・オックスレイド=チェンバレン→サディオ・マネ

アダム・ララーナにとっては、本当に久しぶりの公式戦出場となりました。

リバプールとしては、1点のリードを守ろうという考えがあったのかもしれませんが、個人的にはサディオ・マネの投入は、もっと早い時間でよかったのではないか?という思いもいたします。

ただ、プレイヤーのコンディションがどうなのかは分からないし、何とも言えませんが、試合後のサディオ・マネの様子を見ていると、もっと長い時間帯のプレイがしたかった!という雰囲気が伝わってきました。

結果的に、ロベルト・フィルミーノを起用しなかったのは、やはりコンディションの問題でしょうか?

勝利したい試合ではありましたが、当面においては、リバプールはトッテナムとチェルシーに追いつき、抜き去ることが目標のひとつだと思います。
そういった意味では、3チーム共にドローという結果になったことで、次節に期待ですね。

負けたわけではないし、前を向いて進みたいところです。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,