Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

マルコ・グルイッチが1月でのローン先を探す メディアより

投稿日:


将来性を期待されリバプールへとやって来たマルコ・グルイッチですが、出場機会に恵まれているとは言えない状況ではあります。
ミッドフィールダーとしては、身長も高く大器の予感もするわけですが、現状に満足しているとは言えず、マルコ・グルイッチの周辺からも、もっとプレイ時間を得るべきだとの声があがっているそうです。
そのために、来る1月にもローンでの行き先を探す旨、マルコ・グルイッチの代理人が発言をしたとのこと。

報じているのはエコーで、代理人としては、イングランドの中で、ローン先を探す考えがあるとしています。

また、マルコ・グルイッチの古巣であるレッドスター・ベオグラードのSDも心配をしているようで、もっとプレイをする機会がある場所へ行くべきだと指摘しているそうです。
同SDによれば、そうしないと、ラザル・マルコヴィッチと同様の失敗をおかすことになると・・・。

私としては、マルコ・グルイッチは、何かを持っているプレイヤーだと思っています。
ゴールを狙うタイミングにも、意外性があると感じるところです。

ただ、いかんせん、今のリバプールは、あまりにもポジション争いが激しいですからね。

マルコ・グルイッチの場合には、セルビア代表に定着をするという目標もあり、今後出場機会がどうか?という部分は、大きな課題だと言ってもいいと思います。

リバプールへやって来ることが決まりそうなとき、一時期ですが、背番号は8ではないか?という噂が流れたこともあるマルコ・グルイッチ。

代理人の発言もありますが、リバプールとしても、どうすることが本人の将来にとってベターなのか?をしっかりと思案する必要はありそうです。
迫り来る1月の移籍マーケット。
マルコ・グルイッチ、ラザル・マルコヴィッチの去就にも、留意しておきたいと思います。

プレイヤーは、一人ひとりが大切な存在。
どうすることが、良い道なのかをしっかりと見極めることも、クラブにとって大切な仕事ですね。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.