Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ベン・ウッドバーンの1月ローン移籍はなし(ユルゲン・クロップ監督)

投稿日:


1月での去就が注目されていた一人、ベン・ウッドバーンですが、ユルゲン・クロップ監督が、1月にローン移籍で出すことはせず、リバプールに留める考えを明らかにしました。
そういった方向性であることは、既にお伝えをしてきたところですが、今回はユルゲン・クロップ監督の発言をLFCがオフィシャルで報じています。

ユルゲン・クロップ監督としては、今はトップチームとは異なるコンペティションでプレイをしているが、急がせる必要はないという趣旨の考えを述べており、仮にローンで経験を積ませるにしても、それは今ではないとしています。

これで、ベン・ウッドバーンのリバプール残留はかたまったと言ってよさそうです。

一方、ユルゲン・クロップ監督は、「私達は彼の助けになっていく」ともし、今後必要があれば、ベン・ウッドバーンのために、よい選択を考えていくという発言もしています。

大切に育ててほしい若手だけに、ぜひチャンスも与えていってほしいですね。

ベン・ウッドバーンに関しては、特にサンダーランドがローンで欲しいとラブ・コールを繰り返していたという報道が多々出ていました。
これは、クリス・コールマン元ウェールズ監督の希望だとされています。

メディア筋は、1月に入り、いわゆるコウチーニョの件が騒がしくなった頃から、ユルゲン・クロップ監督は、ベン・ウッドバーンのローン移籍に待ったをかけると読んでいたようです。

となれば、これまでよりは、トップチームでのチャンスが増えると見てもよいか?

あとは、何よりもベン・ウッドバーン自身のがんばりですね。

厳しい世界だとは思いますが、ぜひ大輪の花を咲かせてほしいと願っています。

秘めたるポテンシャルは、かなり高いものがあると思うし、これからのブレイクに期待をしたいと思います。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.