Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

ヨーロッパカップ戦

スタッツに見るリバプール対ポルト戦(チャンピオンズリーグ)

投稿日:


チャンピオンズリーグにおいて、ベスト8進出を決めたリバプール。
ポルトとのセカンドレグは、スコアレスドローでしたが、考え方によっては、こういう渋い試合も出来るようになったということでしょうか。
置かれた状況によって、試合をコントロール出来るということは、カップ戦を勝ち上がっていくにあたり、大切なことだと思います。

今回は、主立ったスタッツを見ながら、試合を振り返ってみたいと思います。

■トータル・シュート数:リバプール12本 ポルト10本

■ショッツ・オン・ターゲット(枠内シュート数):リバプール5本 ポルト1本

■ボックス外からのシュート数:リバプール1本 ポルト5本

■ボックス内からのシュート数:リバプール11本 ポルト5本

■ポゼッション:リバプール65.2パーセント ポルト34.8パーセント

■コーナーキック:リバプール1本 ポルト3本

■トータルパス本数:リバプール780本 ポルト420本

■パス成功率:リバプール87.6パーセント ポルト75.2パーセント

リバプールは、パスを繋ぎながら、試合のペースをコントロールしていた感があります。

5点のリードを持っている中、オープンな打ち合いに持ち込むよりは、手堅く戦ったということが言えそうです。

前述もしましたが、すべての試合で超攻撃的に行くことには無理があるし、状況に応じて、ある意味試合を落ち着かせてしまう戦い方も必要だと思います。

まずは、ベスト8へ進むことが第一目標だし、そのミッションは果たしたと言っていいでしょう。

さて!次は、プレミアリーグの2位をかけたマンチェスター・ユナイテッド戦ですね。
今度はリバプールが、フルパワーでエンジンをかけてゆく試合になることでしょう。

楽しみであります。

-ヨーロッパカップ戦
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.