ジェイムズ・ミルナーのお父さんは赤い服を着ることを許してくれなかった

James Milner


ジェイムズ・ミルナーが優れたプレイヤーであることは、以前から知られていたことですね。
監督とすれば、こういうプレイヤーがいてくれたら助かる!という存在ではないでしょうか。
そのジェイムズ・ミルナー、今シーズンは、益々仕事ぶりに磨きがかかっているように思えます。

大型補強を施したレッズ。
しかし、開幕以来スタメンを張っているのはジェイムズ・ミルナー。
これは、ある意味すごいことだと私は思います。

さて、そのジェイムズ・ミルナーですが、FourFourTwoへ向けて、子ども時代のことなどを語ったのだそうです。

それによれば、ジェイムズ・ミルナーのお父さんは、赤い服を着ることを厭がり、許してくれなかったとのこと。

ジェイムズ・ミルナーは、リーズでキャリアをスタートさせていますが、お父さんはリーズの大ファンなのだそうです。
そういったことがあり、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドのチームカラーを着せてくれなかったのだと・・・。

「リーズファンは、マンチェスター・ユナイテッドを嫌っているんだ。それは明白なことだよ」

「ライバルとしてね。だから赤は許されないんだ」

「私がリバプールとサインをしたときに、彼はジョークを言ったよ。私が赤を着ることで、彼が初めてハッピーになった時だったね」

今でこそ低迷していますが、リーズも名門ですからね。
イングランドのフットボール史を飾るチームだと思います。

また、ジェイムズ・ミルナーは、ユルゲン・クロップ監督のことも話題にしたそうです。

「彼は、とっても良い監督だよ」と、ジェイムズ・ミルナーは言い、チームとしてやっていること、みんなで一緒にやるようにしていることなどを語っていました。

サディオ・マネあたりも、同じようなことを言っていた記憶があります。
「ぼく達はチームだ!」と。

リバプール。
とても良いチームになってきましたね。

チームとして。
ファンと一緒になって。
トロフィーを掲げるときには、みんなで歓び、涙しましょう。

ジェイムズ・ミルナーの赤。
そんな逸話があったとは!ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]