Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

スタッツに見るリバプール対カーディフ戦(プレミアリーグ第10節)

投稿日:


4-1での勝利を飾ったプレミアリーグ第10節のカーディフ戦。
リバプールが、試合を支配する形で進んだわけですが、昨シーズンまでであれば、あと一歩というところで決定打が出ないということもありました。
しかし、今シーズンのリバプールは、ボールを繋ぎながら、いろいろな形で相手を崩すことが出来るようになりましたね。

今回は、主立ったスタッツを見ながら、試合を振り返ってみたいと思います。

■トータル・シュート数:リバプール19本 カーディフ2本

■ショッツ・オン・ターゲット:リバプール7本 カーディフ1本

■ボックス外からのシュート数:リバプール10本 カーディフ1本

■ボックス内からのシュート数:リバプール9本 カーディフ1本

■ポゼッション:リバプール79.8パーセント カーディフ20.2パーセント

■コーナーキック:リバプール8本 カーディフ0

■トータルパス数:リバプール819本 カーディフ205本

■パス成功率:リバプール89パーセント カーディフ58.5パーセント

ポゼッションとパス本数でカーディフを圧倒したリバプール。
今日の試合では、あまりロングボールは使われておらず、短いパスが多かったのも特徴かと思います。

あれだけボールを支配できたら、じっくりと崩しにいった。
そういうことかと思います。

また、特徴的な数字のひとつは、リバプールは一度もオフサイドを取られていないということかと。
それだけ、カーディフのラインが低かったと言えるかもしれませんし、あれだけ相手陣内でプレイを続けていれば、必然的にカーディフは下がって行ったのだと思います。

下がった相手からもゴールを奪う。
これが、昨シーズンまでのリバプールの課題でした。

今日の試合で4ゴールを決めたことは、素直に歓びたいですね。

次は、アーセナルとのビッグマッチ。
また違ったテンションの試合になると思いますが、とにかく勝ち続けることですね。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.