Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

気持ちの中にあるのはリバプールだけ(サディオ・マネ)

投稿日:

Sadio Mane

サウサンプトンからリバプールへやって来て以来、アグレッシブなプレイでファンを魅了するサディオ・マネ。
ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーとのコンビネーションも円熟の境地に入っており、ライバルチームを震撼させています。
そのサディオ・マネが、リバプールと契約更新をする前の逸話などを披露してくれています。

昨年の夏には、レアル・マドリードがサディオ・マネを欲しがっているという報道が出回っていましたが、サディオ・マネは、リバプールのことしか考えていなかったとしており、サインをする前におけるチームメイトのやり取りなどについても話してくれています。

サディオ・マネの言葉は、エコーも報じており、この場ではその一部ですが、私なりにまとめてみたいと思います。

(Sadio Mane)

憶測というものもフットボールの一部だからね。
そういったことから生きることを学び、あまり真剣に受けとめ過ぎないことだよ。

ぼくが言えるすべては、ぼくの心はリバプールだけにあるということさ。
モー、ボビーと、みんなが契約を結んでいたね。
彼等は、ぼくに言ってきたよ。
「ヘイ!サディオ!君はいつサインをするんだい?」ってね。
ぼくは、彼等に言ったんだ。
「心配いらないよブラザー、ぼくはサインをするから」

で、ぼくはどうした?
ぼくはサインをし、彼等はすごく歓んでくれている。

ぼくは、ここでとてもハッピーだし、人々もまた、ハッピーでいてくれると思っているんだ。
ぼく達は、この偉大なクラブの物語のひとつに、その名を刻みたいと欲しているよ。
何か特別なものの始まりであればいいね。

ぼくは、リバプールでトロフィーを掲げる時が待ちきれないんだ。
ファンが、どれほどプレミアリーグのタイトルを欲しがっているかをぼくは知っているからね。

ボビー、モーをブラザーと呼ぶサディオ。
とても良い関係性が築けているようです。
それは、試合でのプレイぶりを見ても分かりますね。

お互いがお互いを尊重し、時には自己犠牲の精神を発揮する。
サディオ・マネの願いは、リバプールファンの願いでもあります。
プレミアリーグのトロフィーをサディオ・マネが掲げる瞬間。
この眼に焼き付けたいと思います。

-未分類
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.