ユルゲン・クロップの眼鏡と走行距離

jurgen-klopp-liverpool_3403939
対ノリッチ戦。
もはやドローで終了かと思われた試合終了直前に、アダム・ララーナのあまりにも劇的な決勝ゴールが生まれました。

ユニフォームを脱ぎ、一直線にユルゲン・クロップの元へと突っ走るララーナ。
そしてチームメイト達。
ベンチにいたメンバー達も、歓喜の輪に加わっていました。

このセレブレーションにより、クロップは眼鏡を壊してしまいましたが、一笑し「ハッピーだ!」としているそうです。

(JK)
普段から予備の眼鏡を用意しているのだが、眼鏡なしで別の眼鏡を探すのは、実に難しいことだね。

バイエルン・ミュンヘンに勝利したときには、ヌリ・シャヒンが私の眼鏡を壊したよ。
今日はアダムだったね。

最終的には、3ポイントを取れたし、ハッピーになれるよ!

liverpool-celebration-norwich_3403943

クロップは、試合中常に集中しているし、全身で喜怒哀楽を表してくれるから、応援するファンも感情移入ができますね。

どこのクラブとは言いませんが、自分のチームのプレイヤーがゴールを決めても立ち上がりもせず、すぐにメモを取っている光景を見ることがあります。
あれは、率直に言って興ざめです。

いまや、「クロップが走った!」という実況が定着しつつあり、そのリアクションを絵にしようとするカメラマン達も大勢います。

プレイヤー達に走ることをあくまで求めるクロップ。

これからは、クロップの走行距離に注目してみたいと思います。

クロップの走行距離が増えていくこと即ちリバプールがゴールを決めるということですからね(*^。^*)

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]