再浮上するリバプールのテア・シュテーゲン獲得説

Marc-Andre-ter-Stegen1
実に不思議なもので、先日シモン・ミニョレが、新たな長期新契約を結んだことで、リバプールのゴールキーパー補強報道は、一端収まるかと思われたものの、むしろ再燃してきた感があります。

英国の一部メディアは、リバプールがいまだにバルセロナのテア・シュテーゲンに注目していると報じています。

また、この情報には、テア・シュテーゲン側の希望も類推されている模様です。

今シーズンのテア・シュテーゲンは、チャンピオンズリーグ等では活躍しているものの、肝心のリーグ戦での出場機会が、なかなか得られていない状況です。

テア・シュテーゲンとしては、今年開催されるユーロの代表メンバー入りを目指しており、バルセロナに残っては、十分な出場機会が確保できないと考えているとも・・・。

実際、ワールドカップやユーロを前にした時期には、新天地を求めるケースも少なくありませんしね。

ゴールキーパーに関する記事が多く出てくる背景には、リバプールの地元ファンの声が反映されていると考えることもできそうです。

本来ならば、一番落ち着きを持ちたいポジションだけに、複雑な心境でもありますが、今シーズンの失点パターンがファンに与えている印象が、かなりネガティブだということでしょうか。

チームには、いろいろなバリエーションがあっていいと思いますが、可能ならゴールキーパーとセンターバックは、不動のメンバーを持っていたいところです。

もしかしたら、1月の移籍市場の窓が閉じるまで、リバプールとゴールキーパーの話題は収束しないかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]