未分類

リバプールを去ることになるジュリアン・ウォードSD

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


選手の補強をはじめ、移籍関連の交渉をまとめたりと、クラブの運営にあたっては非常に重要な役割を果たすスポーティング・ディレクターですが、リバプールではマイケル・エドワーズが退任したことにより、その後継者としてジュリアン・ウォードが仕事をしていました。
しかし、就任をしてまだ間もないわけですが、クラブに対して今シーズンをもって退任したい旨の申し出を行ったそうです。
Guardianをはじめ、多くの主要メディアが見解を示しています。

リバプールの補強に関しては、多々意見があると思うのですが、迅速で手堅いと評価をする向きがあったことも確かです。
Guardianの論評では、マイケル・エドワーズが築いたシステムを継続して行きたい意向のリバプールとしては、大きな痛手になるとしています。

クラブ運営にとって主要な役割を果たす人材が、どうして立て続けに辞めてしまうのか。
ここは、冷静に考えてみる必要がありそうです。

選手の獲得、あるいは放出。
さらに、契約延長など、多岐にわたる仕事であり、チーム強化に必須な仕事ですから、ジュリアン・ウォードが去った後も、万全の体制を敷いてほしいと私は思います。

まだ、残された仕事は多く、もうすぐ冬の移籍市場の窓も開きます。
ここで、しっかりと仕事をしてもらって、リバプールのために功績を残してくれればと願うばかりです。

-未分類
-