Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対ストーク戦の結果と感想

投稿日:

DD
今さっき、アンフィールドでの対ストーク戦が終了しました。

結果から書きますと、4-1でリバプールの勝利!
大幅にメンバーを入れ替えた中、大きな勝ち点3かと思います。

ケビン・スチュワート、シェイ・オジョと若手の先発抜擢もあり、どんな試合内容になるか?と、興味津々でしたが、終わってみればリバプールの圧勝でした。

まずはじめに、得点経過を振り返ってみたいと思います。
・8分 アルベルト・モレノ
▲22分 失点
・32分 ダニエル・スタリッジ
・50分 ディボク・オリギ
・65分 ディボク・オリギ

モレノのシュートは、セットプレイでジェイムズ・ミルナーが、ちょこんとモレノに出したボールを強烈な左足のミドルを決めたもの。
元来、モレノは左足にパンチ力を持っているし、しっかり枠に飛ばした見事なゴールだったと思います。

スタリッジのゴールは、左サイドを破ったオジョが丁寧且つ優しいクロスを入れたボールにスタリッジがヘッドであわせて押し込んだ形でした。

また、セカンドハーフ冒頭からオジョに代わってピッチインしたオリギが、この日も2ゴールの活躍。
オリギは、このまま勢いに乗っていけば、ブレイクする可能性が見えたように感じます。

Thumb

リバプール目線で、試合を落ち着かせていたのは、ジョー・アレンのハードワークと、ケビン・スチュワートの落ち着いたプレイが大きかったかと思います。
スチュワートは、随所に個人技の高さも見せてくれました。

さらに、決して目立っていたわけではありませんが、久しぶりの出場にも関わらず、コロ・トゥーレが安定していたように思うし、ベテランの味を見せてくれたのではないでしょうか。

今日は、デヤン・ロブレン、ママドゥ・サコー、フィリペ・コウチーニョを使わずに大差で勝利することができ、木曜日のドルトムント戦を控えて、非常によい形で試合が出来たかと思います。

ナサニエル・クラインとミルナーに関しては、本当におつかれさま!と言うしかありませんが、ドルトムント戦でもエネルギッシュでやってくれることでしょう。

今日の試合を気持ちよく勝てたことで、さて!次なるターゲットは打倒ドルトムント!ですね。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.