Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

マッツ・フンメルスはバイエルンと合意間近との説も

投稿日:

mats-hummels
リバプールの補強候補とも言われているドルトムントのマッツ・フンメルスですが、プレミアリーグではリバプールの他にアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドも獲得を目指しているという報道が多く出ていました。

ただ、ドイツ国内のメディアでは、バイエルン行きが濃厚と見ているようです。
ドイツのメディア情報なので、そのへんは若干差し引いて考える必要もあるとは思いますが、過日代理人も務めるフンメルスの父親もバイエルンが有力候補であることを示唆していたところです。

仮に、リバプールが本当にフンメルスを狙っていたとした場合、報道どおりであれば、別のターゲットを探すことになりますが、間違いなく代案は持っていると私は考えています。

Bildによれば、バイエルンはフンメルス獲得に£23mのオファーをし、ほぼ合意に達しているという趣旨の報道をしています。

ドルトムントからバイエルンといえば、マリオ・ゲッツェやロベルト・レヴァンドフスキの名前がすぐに浮かびますが、またしてもバイエルンへの放出を許すのでしょうか?

もし、Bildの報道が誤りであれば、ドルトムントあるいはフンメルス側から否定するコメントが出るかと思います。

リバプールには、ママドゥ・サコーの一件があり、センターバックの計算がしにくい状況があるのも事実です。
来シーズンに備え、万全を期すならば、最悪のシナリオも想定して、センターバックを探す必要性もあるかと思います。

ちょっとだけ話がそれますが、リバプールのセンターバックといえば、マルティン・シュクルテルに関するファンの支持がかなり減ってきていると報じられています。
今シーズンの残り試合で、あまりに出場機会がないならば、シュクルテル自身も移籍を志願するかもしれませんね。

シュクルテルとサコーが、新シーズンにおいて計算できないならば・・・やはりセンターバックはもう一枚補強が必要か・・・と、私としては思っております。

それがマッツ・フンメルスではないにしても。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.