Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ダニエル・スタリッジがスウォンジー戦でのフルタイム出場を希望

投稿日:

JS88724891
3-1の敗戦に終わった対スウォンジー戦ですが、今回は若手主体のチームであり、木曜日にはヨーロッパリーグの準決勝という重要な試合を控えているだけに、ダニエル・スタリッジを90分間プレイさせたことは、少なからず話題になっているようです。

実際、フィリペ・コウチーニョはファーストハーフのプレイだけでピッチをさがっています。

スタリッジがフルタイムのプレイをしたのは、どうも本人の希望、申出によるものだったようです。

ユルゲン・クロップとしては、ハーフタイムの間に、スタリッジに話しかけたそうです。
おそらく、交代するか?という趣旨の話だと思います。

しかしスタリッジは、いや、フルタイム行ける!と答えたとのこと。

その心意気は由として、冷静に考えた場合、ちょっとスタリッジの中に焦りにも似た感情が芽生えていないか?が、気になります。

過日も、ベンチにいること、途中から出ること、途中でさげられることが嫌だ!と、メディアにこぼしていたスタリッジですが、もう少しチームとしての大局を見て、スウォンジー戦では、あえて余力を残すという考えを取れなかったのか?という疑問も残ります。

ディボク・オリギを欠いた今、ビジャレアル戦のセカンドレグでは、スタリッジに必ずチャンスがあったことでしょう。

もし、スウォンジー戦で90分間プレイしたことを苦にせず、スタリッジがビジャレアル戦で大活躍をしてくれれば、何の文句もありません。
喝采を送りたいくらいです。

ただ、万が一、ビジャレアル戦で低調なパフォーマンスを披露してしまった場合は、またいろいろ言われかねません。

私としては、スタリッジはもっと自分に自信をもって、堂々と構えていればいいと思うところ。
目の前の試合のプレイ時間に一喜一憂することなく、チームとしての大局の中での役割に気づいてほしいですね。

これでもし、ビジャレアル戦の先発が、ロベルト・フィルミーノのワントップ気味な布陣になったとき、スタリッジの心中には、どんな思いがよぎるのでしょうか。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.