Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

ヨーロッパカップ戦

ジョーダン・ヘンダーソンのヨーロッパリーグ決勝復帰について考える

投稿日:

liverpool-jordan-henderson-europa-league_3444740
ジョーダン・ヘンダーソンの負傷、長期離脱は、リバプールにとって痛いものでした。
ユーロのメンバー選考も控えたこの時期、早期の復帰へ向けて奮闘していることでしょうし、実際うまくいけば、ヨーロッパリーグ決勝には間に合う可能性があるとも言われています。

ヘンダーソン不在の間、ゲームキャプテンを務めているジェイムズ・ミルナーは、決勝にはヘンドに戻って来て、トロフィーを掲げてほしい!とも語っています。

今回は、私なりに、ヘンダーソンが何とか決勝に間に合ったとして、リバプールとして起用すべきか?について、ちょっと考えてみたいと思います。

まず、大前提として、ヘンドが戻って来られれば、実にポジティブなことであることは間違いありません。

ただ、実戦でのブランクがあることも事実で、一発勝負のヨーロッパリーグ決勝で、いきなりヘンドを先発で起用するのか?については、私は多少の不安を抱いています。

というのも、現時点でのリバプールを考慮すれば、中盤については、アンカーにエムレ・チャンを置き、ジェイムズ・ミルナーには中盤のフリーマン的役割を任せる。
その一列前に、フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ、アダム・ララーナを用いる形が最も強力だと考えているからです。

心情的には、ヘンドにアームバンドを巻いて、ピッチに立ってほしい思いでおりますが、どうしても勝たなければいけないビッグマッチで、いきなり復帰戦としてヘンドを投入することには、リスクも伴うと思うのです。

よって、私としては、試合展開を見つつ、可能ならセカンドハーフの途中からヘンドを投入し、ホイッスルが鳴る瞬間にキャプテンとしてピッチに立たせるという方策がベターかな?と考えています。

もちろん、ヘンドが戻れるならば、控えも含めて選手層が厚くなり、大いに歓迎されるべきことです。
また、ディボク・オリギ、場合によってはダニー・イングスも起用可能になるかもしれません。

チームにとって嬉しいことです。
ただ、こと先発に関しては、先日のビジャレアル戦でのメンバーを主軸として構成することがベターだと思うのですが、ユルゲン・クロップが、どんな決断をするか?ですね。

とはいっても、チームとしての目標は完全に一致しています。
ヨーロッパリーグのタイトルを獲ること!

その実現のために、それぞれのプレイヤーが目標を共有し、総力をあげて優勝を目指してほしいと思います。

-ヨーロッパカップ戦
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.