Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対ワトフォード戦の結果と感想

投稿日:

JS89317631
アンフィールドでのプレミアリーグ、ワトフォード戦が終了しました。

多くの若手を起用したリバプールでしたが、2-0での勝利を飾っています。
今回のメンバーで、クリーンシートを達成したことは大きな収穫だったと思います。

また、とにかく負傷者を出さなかったことが、今の時期では大切なことですね。

まず、得点経過ですが・・・・
・35分 ジョー・アレン
・76分 ロベルト・フィルミーノ

私が感じたのは、特にファーストハーフにおいて、フィリペ・コウチーニョがクリスティアン・ベンテケに気配りをしていた点です。
コウチがボールを持ったときには、常にベンテケの位置を確認していたし、ベンテケが好みそうなボールを配球しようとする意思が感じられました。

その姿勢が生きたのが先制点だったと思います。
コウチがベンテケの頭を狙った優しいパスを出し、そのボールをベンテケが走り込んで来たアレンに落としたことからゴールが生まれました。

コウチに関しては、やはりフル出場はさせず、61分にフィルミーノと交代しています。
おそらくこの交代は、プランどおりだったと思います。

それにしても途中交代でピッチインして、しっかりゴールを決めてしまうあたりは、やはりフィルミーノの個人技は優れていますね。

JS89321723

最近、出場機会に恵まれないマルティン・シュクルテルも誠実にプレイをしていたと思うし、目立ちはしませんでしたが、中盤の底を任されたケビン・スチュワートも要所を締めていたと感じます。

ちょっと、本筋とずれてしまいますが、78分にシェイ・オジョに代わって登場したキャメロン・ブラナガン。
以前から、書かせていただいておりますが、やはりいいキックを持っていると思います。

試合終了間際に、ベンテケを狙って蹴ったボールは、あと半個分低かったら、もう1点決まっていたことでしょう。

JS89323860

あとは、ミッドウィークに組まれているアンフィールドでの最終戦、チェルシー戦を良い形で終え、くれぐれも怪我人を出さずに進めれば、最高の形でヨーロッパリーグのファイナルを迎えられることと思います。

ここまで来たからには、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場を決めたいところです。

そういった意味でも、今日出場したメンバー達は、大きな貢献を果たしてくれたと、私は考えております。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.