Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

試合日程・結果

ハダースフィールド・タウン対リバプール(プレシーズンマッチ)の結果と感想

投稿日:

Cn1TcpIW8AEmyhf
先ほど、リバプールのプレシーズンマッチ4試合目、ハダースフィールド・タウン戦が終了しました。
結果から書きますと、0-2でリバプールの勝利。

リバプールはプレシーズンマッチ4連勝、また4試合連続のクリーンシートで試合を終えています。

まずはじめに、対戦相手となったハダースフィールドですが、下部リーグとはいえ、よく鍛えられたチームだったという印象を受けました。
リバプール戦ということで、モチベーションも高かったのでしょう。

ゴールを決めたのは・・・
・32分 マルコ・グルイッチ
・90分 アルベルト・モレノ(PK)

これでグルイッチは、自身としては2試合連続のゴールで、しかもいずれも先制点ですね。
いいプレイをしていたし、チームのアクセントになっていたと思います。

Cn1M9VVVMAARryP

モレノのPKは、試合終盤に左サイドからペナルティーエリアに切り込んでいったライアン・ケントが、相手に倒されて得たものでした。
相変わらず、ケントのフィジカルはキレているな!と、再認識いたしました。

全体的に見て、リバプールはトレーニング・スケジュールの関係もあるのか、若干フィジカルに疲労があったかもしれません。
それでも、ファーストハーフには、サディオ・マネの幻のゴールもありました。
レフリーのジャッジでマネのファール扱いとなりましたが、私の眼にはノーファールに見えたのですが・・・。

ファーストハーフには、さらにゴールのチャンスがありました。
34分にペナルティーエリア内でマネが倒されPKを獲得。
ですが、このPKを蹴ったフィリペ・コウチーニョのシュートは、相手ゴールキーパーに阻止されています。

ただ、このPKを奪ったシーン以外でも、マネのスピードはかなり目立っていたし、良い戦力になる予感がしました。

一方、課題と申しますか、リバプールとしては、絶対的なPKキッカーを決めておきたいですね。
PKといえば、過日の試合でもダニー・イングスが失敗しています。

スティーブン・ジェラードが去って以来続くリバプールの課題のひとつかと思います。

ただ、今後イングランド代表組、ベルギー代表組が戻って来るので、おそらくメンバーが揃ってから約束事を決めていくことでしょう。

thumb_23802_default_news_size_5

ちょっと心配な点をあげるとすれば、セカンドハーフの途中で、ルーカス・レイバが腿裏を気にしてピッチを後にしたことです。
筋肉系かと思いますが、シリアスなものでないことを祈るばかりです。

今日の試合を終え、リバプールはアメリカへ渡ることになります。
そこでの初戦は、対チェルシー戦。

アメリカでの試合スケジュールは、ちょっと厳しすぎるので、勝敗も大切ですが、とにかく怪我人を出さないことに留意してほしいと願っています。

まずは、4連勝、4試合連続クリーンシートということで、まずまずの出来だったということで、感想にかえたいと思います。

-試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.