Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

イングランドでの挑戦を誓うラグナル・クラヴァン

投稿日:

JS95409750
この夏、リバプールのセンターバックには、様々なことが起きました。
・コロ・トゥーレの退団
・マルティン・シュクルテルの移籍
・ママドゥ・サコーとジョー・ゴメスの負傷(開幕に間に合わず)
・チアゴ・イロリはオリンピックへ

そんな中にあって、ラグナル・クラヴァンを獲得できたことで、まずはひっと一息つけたというのが率直なところでしょうか。

クラヴァンは、リバプールに加入早々からアメリカツアーに参加しており、トレーニングでも精力的な姿を見せているようです。
クラヴァン自身、イングランドでプレイすることは「大きなチャンレジだ!」と語りつつ、それは心から欲した挑戦でもあるんだ!としています。

さて、クラヴァンのリバプールデビューですが、早ければ次の試合、対チェルシー戦に出て来る可能性もあるようです。
先日の試合で、ジョエル・マティプが怪我をしているし、出番がまわってくる可能性は高そうですね。

となると、ユルゲン・クロップの立場で試してみたいフォーメーションとしては、右にデヤン・ロブレン、左にクラヴァンという陣形でしょうか。

thumb_23712_default_news_size_5 (1)

(RK)
いい状態でいるよ。
メンバー達もクラブも、とても親切に接してくれているんだ。

このクラブは家族だね。
ここに来られて幸せだよ。

あらゆることが素早く進んだんだ。
ユルゲン・クロップと初めて話をしたのは、2週間ほど前だからね。

彼とは、いい会話が持てたし、その後移籍への動きがはじまったんだ。
私にとっては、簡単な決断だったけどね。

ロリス(カリウス)とジョエル(マティプ)は、2人ともに、昨シーズンのブンデスリーガにおける、それぞれのポジションでのベストプレイヤーの一人だったよ。
彼等に、ここで会うことが出来て、本当に嬉しいよ!
2人とも素晴らしいクオリティーをもっているし、ナイスガイだからね。

私にとっては、大きなチャレンジだ!
なにせ、イングランドでプレイすることを22年間も夢見てきたのだからね。

厳しいものになることは分かっているよ。
だけど、私はこの道を選んだんだ。
心の底から、この挑戦を望んでいたからね!

thumb_23693_default_news_size_5

クラヴァンのモチベーションは、かなり高そうですね!
後方からのビルドアップ、組み立ても期待できるプレイヤーだけに、昨シーズンのリバプールにはない戦術が採用できるかもしれませんね。

いずれ、怪我人が戻ってきたとき、センターバックも激しいポジション争いが繰り広げられるかと思いますが、クラヴァンの当面のライバルはママドゥ・サコーでしょうか。

ただ、センターバックは怪我が多いポジションだし、警告累積もたまりやすい傾向にあります。
決して、リバプールのセンターバックが飽和だとは言えないと思います。

あとは、ジョー・ゴメスが、どこまで成長して、レギュラー争いに加わってくれるか!ですね。

ラグナル・クラヴァン。
応援したいと思います。

-未分類
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.