Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

混沌とするラヒーム・スターリングの去就

投稿日:

450081476-480745
イングランド代表に帯同中だったこともあり、さすがにクラブとの話し合いをしている時間はなかったであろうラヒーム・スターリングですが、その間にも、様々な憶測がメディアから発せられています。

マンチェスター・シティが熱心なのは、よく見かける記事ですが、そこへベニテス体制となったレアル、さらにはアーセナルも本格的なスターリング獲りに動くという説もあります。

あくまでスターリングの気持ち次第という面も大きいかとは思いますが、ちょっと心配なのは、このままリバプールとの話し合いが再開されず、時を費やしてしまうこと・・・。

巷で言われているのは、スターリングはロンドンでの生活を希望しているということ・・・。
それが真実であれば、アーセナルからオファーがあれば、本人にとっては、またとない機会となることでしょう。

いずれにしても、リバプールとしては、しっかりと話し合いの再開を提起してほしいと、私としては願っています。
その上で、あくまでスターリング・サイドが、契約延長のオファーを蹴るならば、条件によっては、決断が必要な時も来るのではないか?と・・・。

最悪のシナリオは、契約を楯に、リバプールがスターリングの放出を引き留め、モチベーションが下がったままでシーズンを送り、来シーズンには、がくんとオファーの額が下がること・・・。
クラブ目線でいえば、そういうことかな?とも、考えています。

いまや有名人となったスターリングの代理人と、リバプールが、今後、信頼関係を築いていけるのか?
この夏の課題かと思います。

今や、季節柄、補強の話が多々出てきますが、同時に、契約延長さらには、放出面にも取り組まなければならない。

早ければ、今週中にも、いくつかの出入りに関する発表があるかもしれませんね。

スターリングの価値が、実際にどれほどなのか?
それは、市場原理が、数字で示すことでしょう。

あとは、リバプールがどう判断し、スターリング自身がどう思うか?
そろそろ、両者ともに、しっかりと向かい合う時期がやってきたように感じます。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.