Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

ラグナル・クラヴァンの歓びと反省

投稿日:

thumb_25628_default_news_size_5
この夏のリバプールは、既にサディオ・マネやジョルジニオ・ワイナルドゥムといった花あるタレントの獲得に成功していますが、渋いところで私としては、センターバックにラグナル・クラヴァンを補強できたことは、非常に大きかったと思っています。
クラヴァンのプレイぶりは、実に安定しているし落ち着いていますね。
また、フィードも出来ることが強みかと思います。

私の個人的な予想では、クラヴァンがこの先もずっと、リバプールのファーストチョイスであり続けることはないと思うのですが、ベンチにいてくれるだけで安心というもの。
もちろん、先発の機会もまだまだ巡ってくることでしょう。

そのクラヴァンですが、夢だったというプレミアリーグへやって来て、いきなりアーセナル戦で先発出場したことには、感慨深いものがあるようです。
一方、3失点を喫したことに関しては、もっともっと改善しなくてはいけない!と、気持ちを引き締める発言もしています。

(RK)
クレイジーな試合だったね。

ここは、世界でも最高のリーグのひとつだ。
しかも開幕戦の相手がアーセナルということで、かなりハイレベルな試合になることは分かっていたよ。

私にとっては、プレミアリーグがどんなものなのかを知る良い機会になった。
観る人々にとっては、素晴らしい見応えのある試合になったと思うよ。

しかし、私達にとっては、良い部分もあれば、悪いところもあったね。

勝利するのは格別なことだよ。
だけど、センターバックを務める者としては、3失点したことは良いことではないんだ。
心からは喜べないね。

私達は、そのことをしっかりと検証して、トレーニングに取り入れていかなければいけないよ。
まだまだ、改善の余地は、たくさん残っているからね。

thumb_25655_default_news_size_5

ベテランらしいコメントかと思います。
たしかに、センターバック、あるいはゴールキーパーも含めて、勝利したとはいえ、3失点を許したことは、大手を振って歓ぶわけにはいかないことでしょう。

また、私なりに思うには、アーセナル戦での3失点は、センターバックだけの責任ではなかったと・・・。
サイドバックはもちろん、中盤の底をはじめ、他のポジションとの連携、チームとしての守備力向上が鍵になるかと思います。

ただ、アーセナル戦の場合は、4ゴール目を決めた時点で、若干リバプールに油断が生まれたことも否めないかと。
それらを含めての改善が必要だと言うことではないでしょうか。

勝って兜の緒を締めよ!
ラグナル・クラヴァンの言うとおりかと思います。

クラヴァンには、これからも期待しています。

-未分類
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.