Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールの左サイドバック候補にチャーリー・テイラー(リーズ)の名前が再浮上 メディアより

投稿日:

JS84585498 (1)
なかなか決まらずに、この時期を迎えたリバプールの左サイドバックですが、いくつかのメディアでは、リーズ所属のチャーリー・テイラー(イングランド)にリバプールが関心を寄せているという記事を取り上げています。
チャーリー・テイラーといえば、以前にも何度となくリバプールの補強候補として名前の上がっていた左サイドバックです。
リーズとしては、放出したくないという姿勢を貫いているようですが、チャーリー・テイラーは、トランスファー・リクエストを提出してあるとのことです。

チャーリー・テイラーは、1993年9月18日生まれの22歳という若手左サイドバックで、これまでも何度となく、リバプールが狙っているとされてきました。
一方、リーズとの契約は、あと1年間残っているそうです。

また、リバプール以外にもウェストブロムがチャーリー・テイラーを欲しがっているという説があり、その移籍金として£7mを用意しているとの報道がなされています。
エコーをはじめ、いくつかのメディアが記事にしていますが、出所はThe Daily Starだとのことです。

ただ、トランスファー・リクエストを提出したことは事実のようで、チャーリー・テイラー自身がYorkshire Postの取材に応じています。
その際にチャーリー・テイラーは、こんな発言をしたそうです。

「ぼくには、よく分からないんだ」

「もちろん、シーズン終了時までの契約はあるから、もしリーズがぼくを売りたくないと言うなら、その契約を守るだけだね」

チャーリー・テイラーとすれば、イングランド期待の若手とは言っても22歳。
プレミアリーグのビッグクラブからオファーがあると知れば、気持ちも揺らぐことはあり得ると思います。

このままチャーリー・テイラーがリーズに残った場合、可能性としては来シーズンの夏には、フリートランスファーでの放出となる線が濃厚となります。
リーズも思案のしどころかもしれませんね。

あと一年留めておいて収入なしで放出するか?
移籍金が入るうちに放出するか?

少なくとも、もし仮にウェストブロムが用意しているという£7mという金額に信憑性があるならば、この金額を軸にした交渉とはなりそうです。
8月末日までに、何らかの動きがあるのか?
リバプールの出方を見守るしかないですね。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.