Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ママドゥ・サコーに1月ローン移籍説も浮上 メディアより

投稿日:

sakho-725672
ママドゥ・サコーに関する報道を見ていると、多くのメディアは、ユルゲン・クロップの構想には入っていないという理解をしていることが伺われます。
思えば、夏の移籍市場においても、デッドラインデーぎりぎりまでもつれたわけですが、現在置かれた状況を鑑みると、サコー自信にも心の変化が起こっていることは推測できそうです。
そんな中、MirrorやExpressは、来る1月にもサコーは放出される可能性があると報じています。

両誌共に、サコーは既にクロップにとって戦力外だとしており、リールがサコー獲得に関心を示しているともしています。
ただ、リールとしては、サコーは欲しいものの、週給の額が高すぎることが障壁になっているとも報じられているところです。

その場合、ひとつの選択肢として、ローンによりサコーを出すということもあり得るという報道がなされています。
ただ、週給がネックということであれば、仮にローンで出した場合、サラリーの一部をリバプールが負担するという形でしょうか。

こうなった場合、ある意味マリオ・バロテッリパターンが思い出されます。

あくまでメディア上での噂ですが、冷静にサコーが置かれている状況を見たとき、このままリバプールに留まったとしても、出番がないまま時間だけが過ぎていくという状況にもなりそうです。

フランス代表にも選ばれた男が、果たしてU23の試合要員としての生活に耐えられるのか?というのが、素朴な疑問でもあります。

1月の移籍市場までには、まだ時間もあるし、場合によってはリール以外のクラブの名前が浮上する可能性もゼロではないかと思います。
サコー自身にとっても、今後のフットボーラー人生をよくよく考え、選択をする時期に直面していると言えそうです。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.