Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係 レジェンド

スティーブン・ジェラード 「ベッカムにいろいろ相談をした」

投稿日:

gerrard
アメリカ行きを決意したスティーブン・ジェラードですが、ヨーロッパの数チームからオファーがあったことを認めています。
しかし、ジェラードは、ヨーロッパ内で移籍することは、避けようとした。

理由は、リバプールと対戦する可能性があるクラブを選ぶことは出来ない・・・というもの。

結果的に、LAギャラクシーのユニフォームを着ることになったわけですが、この決断をするにあたり、デビッド・ベッカムに、いろいろ話を聞いたそうです。

アメリカ行きの経験をもつベッカムだし、イングランド代表では、チームを共にしていましたからね。

思えば、一時期のイングランドは、中盤にジェラード、ベッカム、ランパードと揃っていたわけで、それを最大限に活かせる監督がいたら、もっと違った成果をあげていたかもしれません。

さて、ジェラードは、ベッカムについて、こんな風に語っています。

「デビッドは、私のヒーローだよ」

「あんな素晴らしい人物でありプレイヤーと、一緒にやれた私はラッキーだったね」

「デビッドからは、確かにアドバイスをもらったよ」

「ここへ来ることを決める前に、彼にいろいろ質問をしたんだ」

ジェラードとベッカムといえば、リバプール、ユナイテッドと、宿敵同士のクラブで中心的立場にいたわけですが、何かのときは、友情で結ばれる。

これもまた、素敵なことに思えます。

でも、いつかきっと、キャプテンには、アンフィールドへ戻って来てほしいですね!
きっと、キャプテン自身も、そのうち、うずうずし始めることでしょう。

JS67467251

-移籍関係, レジェンド
-, , ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.