Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

サディオ・マネ 「ユルゲン・クロップ監督の元で学べて幸せに満たされている」

投稿日:

thumb_29905_default_news_size_5
今シーズンのリバプールの躍進、魅力ある攻撃陣。
その実現に大きく貢献しているのは、サディオ・マネの加入があったかと思います。
マネは、以前もユルゲン・クロップのチームでプレイをするチャンスがあり、そのときには結果的に移籍は実現しなかったものの、再びユルゲン・クロップが必要としてくれたことに、大きな歓びを抱いているそうです。

時間を遡ると、ユルゲン・クロップは、マネがザルツブルクに所属していいた時期から、その才能を評価し、「ドルトムントに欲しい」と考えていたと語っていました。
また、マネのほうも、「ドルトムントからオファーがあったが、結果的に移籍の話がまとまらず、サウサンプトンへ行くことになった」という趣旨の発言をしていました。

マネは、現在の心境や当時の思いをGoalに語っていますが、ドルトムントへ行けなかったときには、「正直イライラした」と明かしています。
しかし、サウサンプトンのために全力を尽くそう!と、心に決めたとも。
マネは、「それが人生だ」とも表現していました。

それでも、リバプールの監督にユルゲン・クロップが就任し、再び「ぼくを必要としてくれた!」ということが、心底嬉しかったそうです。

マネは言います。
「今のぼくは、最高の監督の元でプレイが出来ていることに、幸せな気持ちで満たされているよ」

「いつでも彼から学べるのだから、ぼくは本当にハッピーだよ!」

信頼できる監督の元でプレイをすること。
自分を認めてくれていると確信できること。
フットボーラーにとって、これ以上ない幸福感を抱いていることでしょう。

マネは、更にさらに、素晴らしいプレイヤーとして成長し、大きな何かをリバプールへもたらしてくれる。
そんな気持ちにさせてくれるコメントでした。

-未分類
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.