未分類

ユルゲン・クロップ 「サディオ・マネを獲得するチャンスが来ることを知っていた」

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

chelsea-v-liverpool-premier-league
ロンドン・オリンピック以来、サディオ・マネに注目していたというユルゲン・クロップ。
ユルゲン・クロップの元でプレイしたい!と、願い続けたサディオ・マネ。
この2人の出会いは、リバプールで実現をしました。
そのことについて、ユルゲン・クロップが語っており、英国の多くのメディアが報じています。

簡潔に言えば、2人が出会うことは必然だったということでしょうか。
ここでは、ユルゲン・クロップの言葉、その一部ですが、私なりにまとめてみたいと思います。

(JK)
私達、リバプールがサディオとサインすることは、実にシンプルなことだったんだ。
私は、ドルトムントへ彼を連れて来ることが出来なかった。

私達は、お互いに会ったよ。
彼は、私がイングランドへ来る前に会っている数少ないプレミアリーグのプレイヤーだった。
だから、私達は話もしたし、私はこのプレイヤーが好きでね。

しかし、ドルトムントでは、1人のプレイヤーを獲れればという状況で、2人、3人というわけにはいかなかったからね。
適切な時期、その時間が必要だった。

実現は出来なかったが、私は次のチャンスがあることを知っていたよ。

kopp-1024x644-1

マネの場合は、スピードがあることは勿論、止まったときの怖さが非常に印象的なプレイヤーだと思います。
また、攻撃力に目が行きがちですが、かなりディフェンス面でも仕事をしてくれています。

文字通り、ユルゲン・クロップ好みのタレントと言えそうです。

お互いに認め合う指揮官とプレイヤー。
今日は、マネの古巣であるセインツとの対戦です。
モチベーションも高いことでしょう。

マネがピッチで躍動する姿をこの目で見たいですね。
やってくれる!と、思います。

-未分類
-,