Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

最後までプレミアリーグのチャンピオン争いに残るため今を生きよう!と語るユルゲン・クロップ

投稿日:


この場でも折に触れて、リバプールの黄金時代のことを書いてきましたが、イングランドのトップリーグ制覇18回を誇る歴史をもつクラブがリバプールであります。
ただ、プレミアリーグになってからは、いまだ優勝がなく、サポーターにとっても悲願となっています。
リバプールが、最後にトップリーグで優勝を飾ったのは、1989-1990シーズンのこと。
ユルゲン・クロップは、最後までチャンピン争いをするために、過去ではなく今を生きよう!という趣旨の発言をしています。

栄光の歴史に胡座をかくのではなく、チャレンジャーとして、今この時にベストを尽くそう!という風にも、私は受けとめました。

ユルゲン・クロップは、Sky Sportsにおいて、ジェイミー・レドナップのインタビューを受けており、今回はその中からエキスと申しますか、一部をピックアップしてみたいと思います。

(Jurgen Klopp)

私達は、過ぎた25年間にあるのではない。
私達があるのは今なんだ。
私達は、今この時代を生きているんだよ。

これまで、クラブを築いてきたすべての人々を私達は愛している。
私達には、彼等の仕事は出来ないんだ。
私達は、私達の仕事をしなければいけないね。

やってみようよ!
トライしてみようよ!

私達には、十分にその資格があるし、このクラブは偉大だ。

私達はオーナー陣に恵まれたよ。
彼等は、プレイヤー達を売ろうとはしないからね。

マネーによって、誰であってもここを去ることがあってはならない。

私達は、世界一良いプレイをしているクラブではない。
しかし、私達ならば、十分にやれるよ。

今のリバプールは素晴らしいし、私達はそれを活用しなければいけないね。
未来は明るいよ!
だから、取ってしまおうよ!

ユルゲン・クロップは、もっともっと沢山のことを語ってくれていますが、今回は、その中から抽出してみました。
過去の栄光は、過去の栄光として、今出来ることをする。

今のリバプールは素晴らしいし、このチャンスを生かすべきだ!と、ユルゲン・クロップは言っているように思います。

また、ユルゲン・クロップが、この時期にあえて、オーナーの姿勢に敬意を表したことは注目点だと思います。
ちょっと、チェルシーのオスカルに関する一件があっただけに、ユルゲン・クロップとしては、いくらビッグマネーを積まれても、プレイヤーは残す!という姿勢を表明しているように感じます。

このメンタリティーが、プレイヤー達を鼓舞するのですね。
もし、ユルゲン・クロップがリバプールにプレミアリーグでの初タイトルをもたらしてくれたら・・・・。
そのときに、私はどんなリアクションをすればよいか?

まったく分かりませんが、近い将来、皆さんに最高の言葉をお届けしたい!と、心からその時を待っています。

-未分類
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.