Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

スターリングを取らなくてよかった(アーセナル・ディレクター)

投稿日:

JS68199796
アーセナルの経営陣の一人に、ロード・ハリスさんというディレクターがいます。

ハリス氏は、ラヒーム・スターリング獲得に反対だったようで、結果的にアーセナルがスターリングにオファーをしなかったことに、「満足している」という発言をしたそうです。

簡単に言うと、スターリングはリバプール産のプレイヤーだという思いがあるようです。
要するに、アーセナルのチームカラーには、適さないと・・・。

(LH)
スターリングは、実にいいプレイヤーだよ。
しかしながら、アーセナルが彼を獲得しなかったことに、私は非情に満足しているんだ。

彼には、学ぶべきことが沢山ある。
彼等(リバプール)は、とてもよく彼を見ていたと思うよ。

そんなリバプールに対して、彼が取った態度は、決して良いものではなかったね。

MAIN-Raheem-Sterling-copy

ハリス氏の発言を聞いていると、言外に、自分を育ててくれたクラブに対して、あのような態度を取るプレイヤーは、アーセナルには必要ない!という響きを感じます。

皮肉なもので、そのスターリングが、一番行きたがっていたのがアーセナル・・・。
ハリス氏が健在のうちは、行けそうにありませんね。

また、いろいろな経験をしてきたミルナーが、「シティでは幸せではなかった」とし、リバプールを選んでよかった!と言っているのが、スターリングのケースとのコントラストの違いが印象的です。

スターリングがシティでどれだけ活躍できるか?
それほど簡単なことではないと、私は思っていますが、それも本人がした選択。

ただし、二十歳にして膨大な週給を得てしまった若者の未来には、いささかの不安を感じます。

いずれにしても、リバプールがすべきことは一つ。
シティに勝つ!
そういうことでありましょう。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.