Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ルーカス・レイバ 「ファンにとってダービーが何を意味するかが分かっていた」

投稿日:

Lucas Leiva


マージーサイドダービーで先発出場を果たしたルーカス・レイバ。
リバプールの現役プレイヤーとして、最もダービーを熟知した男だと言ってもいいでしょう。
思えば、ルーカス・レイバが、アンカーとしてスタメンで出場する姿というのは、久しぶりに見た感がいたします。

昨日の試合では、勝利を飾ったひとつのポイントとして、ルカクに良い形でボールを持たせなかったことがあると、私としては思っています。
もちろん、センターバックの2人ががんばっていましたが、その一列前で、かなりルーカス・レイバが、相手ボールをはじき返しているシーンに気づきました。

時にはヘッドで、時には潰しに行くスタイルで。

そのルーカス・レイバですが、マージーサイドダービーが、いかに特別なものであるかを語っています。
この場では、ルーカス・レイバがLiverpoolfc.comへ向けて語った言葉の一部について、私なりにまとめてみたいと思います。

(Lucas Leiva)

私達にとってビッグゲームだった。
ホームでのダービーだからね。

いつだって特別なものだし、とりわけ私達が勝利したときには格別だよ。

難しい状況の中、私達はとてもいい試合が出来たと思う。
多くのプレイヤー達が、遅れてのチーム合流となった状況だったからね。

フィル(コウチーニョ)、ロベルト(フィルミーノ)そしてサディオ(マネ)、彼等は傑出していたね。
私達は、この試合に臨むために、一日しか準備にあてることが出来なかったんだ。
しかし、私達はダービーで勝利することの重要性が分かっていたし、トップ4の中で上っていくべきことを理解していたよ。

ファンにとって、このダービーが、どれだけの意味を持つかも、私達はよく理解していた。
私達は、リバプール・レッドであり続けたんだ。

今シーズンの私は、後方でのプレイが多く、ミッドフィールドではあまりプレイをしていなかった。
私に機会が巡ってきたということであり、全体的によくやれたと思っているよ。

もちろん、試合の中において、激しさを感じさせるところもあった。
それも含めての試合というものだからね。

祝おうよ。
ビッグゲーム、ダービーだったのだから。

日曜日からは、次の試合に集中しなければならない。
そして、上手くリカバーするんだ。

マージーサイドダービーを知り尽くしたルーカス・レイバらしい言葉かと思います。
ファンにとって、何を意味しているかを思うルーカス・レイバ。
まさに、もはやスカウサーですね。

さて、今後のリバプールですが、プレミアリーグが短期間で2試合組まれています。
水曜日にはボーンマス戦、中2日間での土曜日にはストーク戦。
試合日程からしても、またルーカス・レイバに出番がまわってくる可能性はあると思います。

ヘンドとアダム・ララーナを欠いている今、ベテランと若手が力をあわせ、チーム力を結集して、勝利街道を進んで行ってほしい!と、願っております。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.