トップ4フィニッシュに意欲を見せるルーカス・レイバ


今シーズンのプレミアリーグも、残すところあと3試合。
現在3位にいるリバプールは、トップ4を競うライバル達が仮に全勝したとしても、自分達の試合で勝利すれば、4位以内を勝ち取ることができます。
ただ、次節にはアーセナル対マンチェスター・ユナイテッドの対戦が組まれており、確実にいずれかが勝ち点を落とすことも事実としてあります。

ルーカス・レイバは、チャンピオンズリーグ出場権を獲得するために、トップ4フィニッシュを果たす仕事を完遂しよう!と、意欲を示しています。

ジョーダン・ヘンダーソンが長期離脱になってしまった中、スタメンのポジションが巡って来ているルーカス・レイバですが、もしかしたらルーカスの姿を見られるのも、あと3試合だけかもしれない・・・という思いを心中に抱いているリバプールファンの方々もいらっしゃるやもしれません。

ルーカス・レイバとすれば、自分に課せられた仕事、自分に出来る仕事は、リバプールをトップ4フィニッシュさせること!だと考え、そのことに集中しようとしているようです。

ここでは、Liverpoolfc.comへ寄せて、ルーカス・レイバが語っている言葉の一部分を私なりにまとめてみようと思います。

(Lucas Leiva)

ホームを離れての難しい試合だっただけに、この結果は私達にとって大きな意味を持つよ。
フィジカルが強く、クオリティーの高いプレイヤーがいたし、とりわけ他のチームがポイントを落とした直後だったからね。
今、私達の手中にあるんだ。(トップ4フィニッシュ)

私達は勝つ必要があった。
特に、クリスタルパレス戦の後だったしね。

私達は、とてもハッピーだし、試合終盤でちょっとした幸運があったとしても、勝利に価していたと思うよ。
3ポイントにふさわしかったということさ。

シーズンが終わるまで、あと3試合だ。
勝利したいね!
チャンピオンズリーグの場所を勝ち取るんだ!

ルーカス・レイバは、このところ難しい対戦が続いていたものの、チームはよく戦えてきたという趣旨の発言もしています。

残り3試合のうち2試合は、ホーム、アンフィールドが舞台となります。
最終戦もアンフィールドでの試合だけに、全員が笑顔でフィナーレを迎えたいですね。

もし、リバプールが残り3試合を全勝し、トップ4フィニッシュを決めたならば、ルーカス・レイバも影の功労者だと、私は言いたいと思います。

がんばってほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]