Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

マンチェスター・シティがビルヒル・ファン・ダイク獲得に£60mを用意するとの報道も

投稿日:

Virgil van Dijk


今夏の移籍市場におけるリバプールのトップターゲットだともされているサウサンプトン所属のビルヒル・ファン・ダイク(オランダ)ですが、かねてから移籍金には£50mが必要になるという報道が多々なされてきました。
これまでのメディア見解を見ていると、その高額であってもリバプールは獲得へ動くという説が大半だったと思います。
そんな中、Mirrorが報じるところによれば、マンチェスター・シティが£60mという大金を積むとも・・・。

あくまでメディア上での話ですが、ファン・ダイク自身は、ユルゲン・クロップ監督のもと、リバプールでのプレイを望んでいるという噂も存在します。
ただ、サウサンプトンとすれば、当然高額な移籍金を提示されれば、クラブ間の交渉は、より高い金額を欲することでしょう。

まだ、メディアがそう書いているという段階ですので、真実のところは分かりませんが、それにしても金銭感覚が麻痺するようなやり取りが、最近は行われるようになってきましたね。

フットボールにおいて、どのポジションも重要ですが、一般的な相場という意味で言えば、ストライカーや攻撃的ミッドフィールダーの移籍金のほうが相対的に高く、それに比べてディフェンダー、ゴールキーパーは、金額的には抑えられてきたかと思います。

もはや、そういう時代も終わったか、
あるいは、それだけファン・ダイクが特別な存在だということか。

ディフェンダーやゴールキーパーの価値が上がることには大賛成ですが、あまりにも移籍金が高騰し過ぎることには、一抹の憂慮を覚えます。

マンチェスター・シティといえば、センターバックの補強で、エバートンからジョン・ストーンズを破格の高値で獲得したという事実もあります。
泉のようにお金が湧いて来るお財布があるのか。

今回の報道が事実か?は、また別問題としても、リバプールがどこまでファン・ダイク獲得に本腰を入れて臨むのか。
これから益々報道が過熱しそうな予感はします。

-移籍関係
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.